その他奏法一覧

score-main-bass

  • top_bassmenu_1
  • top_bassmenu_2
  • top_bassmenu_3
  • top_bassmenu_4

奏法記号

ハンマリング・オン

 ハンマリング・オンとは、文字どおり左手の指で弦を叩いて音を得るテクニックだ。1度のピッキングで2つの音を得られる、エレクトリック・ギターでは基本となっているものだ。

bass3_1

プリング・オフ

 プリング・オフとは、ハンマリング・オンとは逆に、左手の指を離して音を得るテクニックだ。コツは指を下に向けて、引っかけるようにすると良い。

bass3_2

スライド

 スライドとは、あるフレットから違うフレットへ滑らせて音を得るテクニック。コツは押さえてる力を一定にしたまま滑らせること。力加減が変わるとうまく音が出ないので注意。また、目的フレットを定めないものをグリスという。

bass3_3

チョーキング

 チョーキングとは、弦を押さえてる指を持ち上げたり、引き下げたりして、音程を変えるテクニックだ。コツは指に力を入れるのではなく、手首の返しを利用する。決して力んではいけない。また、フィンガリングにもよるが、基本的に薬指でチョーキングするようにし、中指、人差し指を薬指に添えると安定する。
 弦の上げ下げは、3、4弦は引き下げで、1、2弦は引き上げとなる。

bass3_4

ヴィブラート

 ヴィブラートとは弦を揺らして音程変化を得るテクニックだ。クラシックではスライドを応用して、指をネックと平行に滑らせてヴィブラートをするが、ロックではやはりチョーキングの応用だろう。ただし、クラシック型もベースでは使用する。

bass3_5

オススメ関連書籍