フィンガリング

score-main-ag

  • top_agmenu_1
  • top_agmenu_2
  • top_agmenu_3
  • top_agmenu_4

フィンガリング

フィンガー・ピッキング

アルペジオの真髄を味わうにはやはりフィンガー・ピッキングしかないだろう。文字どおり指で弾くプレイなのだが、かなり高等テクであることは最初に認識してもらいたい。フィンガー・ピッキングは通常3本の指(親指、人差し指、中指)で演奏する方がやりやすい。薬指を使う場合もあるが、かなり上等テクであるため、ここではそういうこともあるんだと思ってもらえればいい。なお、小指は使わないので、サウンド・ホールの下あたりにつけて、右手を安定させると良い。また、各指には番号のようなものがあるので、参考として覚えておこう。

ag2_4_1

・フィンガー・ピッキングの仕方

ag2_4_2

それではかんたんな譜例を弾いて感じをつかんでみよう。

ag2_4_1_3

どうでしょう、何となくフィンガー・ピッキングの雰囲気を感じとったかな。
なお、指使いとしては、親指で4~6弦のベース音を、他の指で1~3弦を弾くのが、基本となる。この後に出てくる「スリー・フィンガー」と呼ばれるテクでは、親指は3弦も担当する。
また、フィンガー・ピッキングのアルペジオのすごいところは、6弦と1弦を同時に弾いちゃうなんてことも出来ること。親指と他の指を同時に使えば、できる技だけれど、弦の間の感覚など、かなりアコギに慣れていないとできない技であろう。

ag2_4_1_4

スリー・フィンガー

スリー・フィンガーとは文字どおり3本の指(親指、人差し指、中指)を使っておこなう究極のフィンガー・ピッキングと言える。普通のフィンガー・ピッキングと違って、親指は4~6弦の低音弦のみならず、3弦も担当するのが特徴的だ。規則的な指使いとなるので、慣れてしまえば、わりかしラクに弾けるだろう。

慣れるまでは普通のフィンガー・ピッキングより難しいと思うので、アルペジオが上達してから取り組むと良いだろう。

ag2_4_1_5

オススメ関連書籍