弦の種類と張り方

score-main-bass

  • top_bassmenu_1
  • top_bassmenu_2
  • top_bassmenu_3
  • top_bassmenu_4

弦の種類と張り方

 エレクトリック・ベースの弦はスティール弦を使っている。スティール弦にはプレーン弦とワウンド弦の2種類があるが、ベースの弦は太いのでワウンド弦となる。また、ベースの弦の太さをゲージといい、一般的には.045~.105のセットが最もポピュラーだ。そして、弦の長さはベースのスケールによって異なるので、自分のベースのスケールのサイズに合った長さの弦を買うようにしよう。
 次にチューニングについで大事な、弦の張り方を覚えよう。

※弦の張り方

bass1_2

 弦の張り方は以下の通り。
1:後ろから弦を通す!
古い弦を外したら、ボディーの後ろにある穴から弦を通す。穴を間違えないで通したら、しっかりと引っ張って緩みを取る。
2:ペグに弦を巻く!
たるみのないようにペグに弦をきれいに巻いていく。
3:あとはチューニングして終わり
弦を巻いた後は、弦をよく引っ張ってからチューニングする。

弦を張ったら、次ページのチューニング方法を参考にでチューニングをする。その時、弦を巻きすぎて、買ったばかりの弦を切ってしまうという場合もあるので注意。
また、以下のような弦をラクに巻ける便利なグッズもあります。

ag1_2_3

オススメ関連書籍