スラッピング(チョッパー)

score-main-bass

  • top_bassmenu_1
  • top_bassmenu_2
  • top_bassmenu_3
  • top_bassmenu_4

スラッピング(チョッパー)

 古い人は「チョッパー」と呼んでいるテクニック。最近では「スラッピング」という呼び方が主流となっている。よくファンキーな曲とかで「ドゥビドゥビ」と聴こえるヤツだ。右手の親指で弦を叩く「サム・ピッキング」と人差し指を弦の下に潜らせてはじく「アタック・ピッキング」を組み合わせた奏法である。

・サム・ピッキング

 右手を軽く握り、親指を出す。そして、手首を回転させて、親指の第一間接の側面部分で弦を叩く。弦を叩いたら、素早く手首を回転させて、元のフォームに戻す。よく失敗して「ベチャッ」という音になってしまう人は、この素早く戻すという作業が満足に出来ていない証拠。

bass2_4_1

bass2_4_2

・アタック・ピッキング(プル)

 人差し指を曲げて、弦とボディーの間に潜り込ませ、手首の回転を利用して、弦をボディーから引っ張るようにはじく。弦がフレットにあたって音が出ればグッド。「ビン」とアタックが効いた音が心地よいはずだ。弱々しくやらず、勢いよくパンチを効かせよう。

bass2_4_3

bass2_4_4

オススメ関連書籍