AOR AGE Vol.22<シンコー・ミュージック・ムック>

AOR AGE Vol.22<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,870 (本体 1,700+税)

発売日 2021/05/18
著者 中田利樹
サイズ A5判
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-401-65067-5

AORマガジン第22弾は、新作も届いたベテラン、ビル・チャンプリンの総力特集!!

巻頭特集は、ソロ名義では実に12年振りとなる新作『リヴィン・フォー・ラヴ』が届いたビル・チャンプリン。
今回はデヴィッド・フォスターやスティーヴ・ルカサーと組んだ1981年の傑作『ランナウェイ』の話題を中心に、超ロング・インタヴューを敢行!
黎明期からのヒストリー解説やアルバム評はもちろん、シカゴなど過去に在籍したグループでの活動、客演した膨大なアルバムも洗い直し、ビルの奥深い魅力をとことん研究します。

続いて登場するのはスティーヴ・ルカサー!
ソロ作に加え、TOTOの最新ライヴ作品も控えるルークの最新インタヴューを、たっぷりとお届けします。

他にも濃厚な特集満載。引き続き、ご期待ください!

【CONTENTS】
BILL CHAMPLIN
“RUNAWAY” 40th Anniversary
ヒストリー
インタヴュー:最新作『Livin’ For Love』と『Runaway』を語る
ビル自身による『Runaway』全曲解説
13年振りのソロ作、『Livin’ For Love』
アルバム・レヴュー
グループとしての活動(サンズ・オブ・チャンプリン、シカゴ etc.)
CWF(チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット)の活動
リード・ヴォーカルでの客演作50選
バッキング・ヴォーカルでの客演作50選
コンポーザー=ビル・チャンプリンの仕事
参加した“逆カヴァー”アルバム

STEVE LUKATHER
ソロ作とTOTOの現在を語った最新ロング・インタヴュー
TOTOのライヴ作品『With A Little Help From My Friends』が登場

TOMMY LiPUMA
トミー伝記を上梓したベン・シドランが語る巨匠の横顔
アンケート企画:私の好きなトミー・リピューマ作品
追悼 ジョン・マーク(元マーク=アーモンド):山﨑稔久

GREAT PRODUCERS
featuring ROBBIE BUCHANAN

KAZU MATSUI
L.A.で一流ミュージシャンと交流してきた濃密なキャリアを総括

MOVIE SOUNDTRACKS
Artists A to Z : Part 1
アーティスト別主要作品リスト、第一弾!

連載:AORクイズ

購入はこちら

AOR AGE Vol.22<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,870 (本体 1,700+税)

Amazonで購入する

オススメ商品