芽瑠璃堂マガジン PRESENTS #001
AOR名盤プロデューサーの仕事

芽瑠璃堂マガジン PRESENTS #001
AOR名盤プロデューサーの仕事

¥ 2,160 (本体 2,000+税)

発売日 2013/11/29
著者 中田利樹
サイズ B5判
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-401-63902-1

日本で特に人気の音楽ジャンル、AOR。他のものと比べてよりサウンドの質感や雰囲気が重要なAORの名盤を生み出したプロデューサーたちは、一体他にどんな作品を手掛け、そこにAORならではの空気を振りかけているのか。
著名プロデューサー77人の仕事を多くの関連作品に触れながら一挙に紹介、そこから「AORとは何か?」が見えてくる。音楽通として知られるミュージカル俳優の石井一孝、J-POPに1,000曲以上を提供するなど日本でも活躍するプロデューサー/作曲家ジョーイ・カーボーンのインタビューなどで理解をより深めつつ、その魅力を探る。
監修は、このジャンルの第一人者である中田利樹。

【フィーチャリング・プロデューサー】
デヴィッド・フォスター
ジェイ・グレイドン
バート・バカラック
ピーター・バネッタ&リック・チューダコフ
デイヴ・グルーシン
ゲイリー・カッツ
トミー・リピューマ
アリフ・マーディン
グレッグ・マティソン
マイケル・オマーティアン

コラム
プロデューサーの仕事とAOR

【グレイト・プロデューサー】
ブルックス・アーサー
ピーター・アッシャー
グレン・バラード
ブラウン・バニスター
スティーヴ・バリ
ジェフ・バクスター
ウォルター・ベッカー
バリー・ベケット
ブルース・ボトニック
ジョン・ボイラン
ジョナサン・デヴィッド・ブラウン
ロビー・ブキャナン
チャールズ・カレロ
ジョーイ・カルボーン
ラリー・カールトン
クリス・クリスチャン
ボビー・コロンビー
ニック・デカロ
デニー・ダイアンテ
トム・ダウド
ジョージ・デューク

インタビュー
ジョーイ・カルボーン

【グレイト・プロデューサー】
アンドレ・フィッシャー
ヴァル・ギャレイ
デヴィッド・ガーフィールド
ウンベルト・ガティカ
ボブ・ゴーディオ
アンドリュー・ゴールド
ジェイ・グラスカ
マイケル・ジェイムス・ジャクソン
ゲイリー・クライン
デニス・ランバート
リチャード・ランディス
カイル・レーニング
スチュワート・レヴィン
ラルフ・マクドナルド
クリフ・マグネス
デヴィッド・マロイ
ハリー・マズリン
マイケル・マッサー
マシュー・マッコウリー&フレッド・モーリン
マイケル・マクドナルド
アル・マッケイ

コラム
AORアーティストのプロデュース作品

セルジオ・メンデス
ジム・エド・ノーマン
キース・オルセン
デヴィッド・ペイチ
レイ・パーカーJr.
リチャード・ペリー
ヴィニー・ポンシア
フィル・ラモーン
リチャード・ルドルフ
ジョン・ライアン
エリオット・シャイナー
ビル・シュネー
マイケル・センベロ
ジェイ・センター
ベン・シドラン
ジェイムス・ストラウド
テッド・テンプルマン
キース・トーマス
ラス・タイトルマン
ジョージ・トービン
ジャック・ホワイト
モーリス・ホワイト
ジョー・ウィザード
デヴィッド・ウルファート
リッチー・ズィトー

購入はこちら

芽瑠璃堂マガジン PRESENTS #001
AOR名盤プロデューサーの仕事

¥ 2,160 (本体 2,000+税)

Amazonで購入する

オススメ商品