1975年4月17日。クイーンが初めて羽田空港に降り立ち日本の地を踏んだ日を記念した「The Queen Day」。今年も同日、東京羽田空港・TIAT SKY HALLにて「クイーン・デイVol.8」が開催された。東京都のまん延重点措置の終了を受け、収容人数も上限の80%まで緩和。マスク着用と声を出せない状況下ではあったが、無事に開くことができた。
今回のメニューはアルバム『HOT SPACE』のリリース40周年を記念し、トリビュートバンドのQUEER(クイーア)が1982年の”HOT SPACE JAPAN TOUR”のセットリストを演奏。トーク・ゲストにはクイーン・ファンとして知られる雅楽師の東儀秀樹さん、典親さん親子が参加というもの。クイーン研究家石角隆行さんの構成・進行で進められた。

「変わったことで勝負しよう」っていう気質がクイーン。安全に行けば大丈夫なのに、それを良しとしないのが凄い ──東儀秀樹

 

QUEER & 東儀秀樹さん、典親さん、石角隆行さん(前列)

 

東儀秀樹さん、典親さん


<第一部>
トーク・ゲスト 東儀秀樹さん、典親さん

前半は東儀秀樹さん、典親さんのこれまで辿った音楽遍歴が語られ、スクリーンには東儀さんの中高生時代の写真が映し出され、客席からはため息が漏れる。そしてここからはいよいよクイーンの話に。
スクリーンには二人の好きなクイーンの曲が映し出される。

[東儀さん] 「父より子へ」「オウガ・バトル」「ホワイト・クイーン」「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」
[典親さん] 「父より子へ」「オウガ・バトル」「ホワイト・クイーン」「’39」「ムスターファ」

 

なんとなんと、示し合わせたように親子の好きな曲が重複!
意外なところでは典親さんセレクトの「ムスターファ」。“好きなんですよ。入っているのがクイーンっていうロックバンドのアルバムなのにタイトルが『ジャズ』、それであのジャケット。で、興味を持って針を落としたらいきなりの中東風に衝撃を受けて。クイーンらしい表現だと思いました。ブライアンのギター・ソロも楽しいし“ この曲は寝るときによくかけているとのことだ。
続いて二人の好きなクイーンのアルバム、これはジャケットが映し出されると、再び会場がどよめく。これまた順番は違えど全く同じ作品をセレクション。

 

[東儀さん]『クイーンⅡ』『シアー・ハート・アタック』『オペラ座の夜』
[典親さん]『クイーンⅡ』『オペラ座の夜』『シアー・ハート・アタック』

お互いに『クイーンⅡ』を一番に挙げていて、さらに大好きな曲というのもアルバム収録の「父より子へ」。
典親さんは “クイーンのアルバムで一枚だけ選ぶとしたら『クイーンⅡ』。好きな曲を一曲だけ選べと言われたら2曲目の「父より子へ」。オープニングの「プロセッション」から入る流れ、ノーブルなクラシックのようなギター・オーケストレーションから一気に広がるところが大好きで、まず冒頭で衝撃を受けました” と熱く語り、東儀さんも “「父から子へ」の中にはノーブルなクラシカルっぽい雰囲気もあれば、もの凄いハードロック、プログレッシヴ的な要素全部含めてあって、前半のクイーンの形/テイストが一曲で全部楽しめる感じですね” と絶賛。
『シアー・ハート・アタック』では大ヒットした「キラー・クイーン」についても東儀さんは “初期から<変わったことで勝負しよう>っていう気質がクイーン。安全に行けば大丈夫なのに、それを良しとしないのが凄いところだと思います” と分析する。同じように典親さんも『オペラ座の夜』での他のロック・バンドが決してやらないようなタイプの楽曲「シーサイド・ランデブー」や「グッド・カンパニー」をやって大成功している所にも注目。 “本当に面白いことを思いつくバンドだなと思いました” と続けた。

 

オール・ハンドメイド・ギター<Togi Special>
その「父より子へ」に倣うわけではないがクイーン好きの二人が世界で一つしかないギターを…とオール・ハンドメイドで製作された<Togi Special>も登場。 そして<クイーン・ディ>を記念して──と東儀さんの笙(しょう)による「プロセッション」(部分)から、典親さんのピアノと東儀さんの篳篥(ひちりき)で「ボヘミアン・ラプソディ」、さらに典親さんがギターに持ち替えての「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」が演奏された。場内からはこのサプライズ・プレゼントに大きな拍手が送られた。


『ホット・スペース』
そしてトークの最後は、本日QUEERが演奏する『ホット・スペース』を紹介する石角さんの座学講座。「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」という二大ヒットを生んだ後、クイーンがよりブラック・ミュージック的なアプローチを行ったアルバム。東儀さん親子は前のトークコーナーでステージを降りる予定であったが、急遽、このコーナーにも参加。アルバム「ホット・スペース」への、二人の想いも語って頂いた。

 

<第二部>
QUEER ライヴ

15分の場内換気を兼ねたインターミッションを経て、第2部はQUEENの〜トリビュート・バンドQUEER(クイーア)。そのヴィジュアルや、楽器、ステージングへのこだわりは筋金入りのファンも納得。今回は1982年の”HOT SPACE JAPAN TOUR”のセットリストにちなんだもので、なかなか演奏される機会がない” Action This Day”,” Staying Power”, “Back Chat”といったこのツアーならではのナンバーも聞くことができた。
そしてまたまたのサプライズ、なんと「Now I’m Here /誘惑のロックンロール」にTogi Specialを持った東儀さんと典親さんが飛び入り参加。しかも典親さん/ヴォーカル、東儀さん/コーラスというスペシャルなもの。QUEERのメンバーとも絡みながらの豪華なステージに大きな拍手が送られた。
アンコール「ウィ・ウィル・ロック・ユー」では場内総立ちで手拍子、そのリズムにのってステージには無数の紙テープが投げ入れられる。最後は全身に英国国旗と紙テープのガウンを纏ったフレディが拳を突き上げてフィナーレ。

 


 

再度、東儀さん、典親さんがQUEERメンバーと共に挨拶。
東儀:めっちゃくちゃ楽しかったです。最近こういう熱いライヴをしてなかったから──クセになりそう。
典親:本当に楽しかったです、いい経験になりました。裏で聴いてても本当に感動しました、ありがとうございます


 

場内大拍手で2時間40分に及んだイベントは終了。スクリーンには次回、次々回の告知が映し出された。

2022年11月23日(祝) 秋のクイーン・デイ
2023年4月15日(土) 戦慄の王女 50周年記念
※開催は予定です。

 

QUEER 演奏楽曲
SE:フラッシュのテーマ
01.ヒーロー~
02.ウィ・ウィル・ロック・ユー(fast)
03.アクション・ディス・デイ
04.プレイ・ザ・ゲーム
05.ステイング・パワー
06.バック・チャット
07.ナウ・アイム・ヒア
08.地獄へ道づれ
09.アンダー・プレッシャー
10.ボヘミアン・ラプソディ
11.タイ・ユア・マザー・ダウン
<ENCORE>
12.ウィ・ウィル・ロック・ユー
13.伝説のチャンピオン
SE:ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン


QUEEN 新刊書籍

  • クイーン 誇り高き闘い
    購入する
  • クイーン 誇り高き闘い

    四六判 / 672ページ / ¥ 3,520

    ファンクラブ会長とバンドも認めるアーキヴィストが記したクイーンの公式評伝が、世界に先駆けて日本先行発売!

    世の中にクイーンという名で知られている、この何とも奇異で非凡な現象のなりたちとその内幕に興味を抱く、いずれの人々にも満足いただける読み物になっているはずだ──ブライアン・メイ(序文より)

    30年以上にわたりファンクラブの会長を務めるジャッキー・スミスと、バンドも認めるアーキヴィストであるジム・ジェンキンズ。「最も近い外側」からふたりが見てきたクイーンの悲喜こもごも、メンバー本人を含む関係者への取材を通じて知り得た事実を、余すことなく書き綴った究極のクイーン・ヒストリー。

    ※『クイーン 果てしなき伝説』(1995年 扶桑社刊)の増補改訂版です。ページ数は元本の約1.4倍と、大充実の内容!

  • クイーン 輝ける日々の記憶 浅沼ワタル写真集
    購入する
  • クイーン 輝ける日々の記憶 浅沼ワタル写真集

    A4判 / 224ページ / ¥ 3,300

    ロンドンでクイーンを撮り続けてきた浅沼ワタル氏による「クイーン公式写真集」!!
    75年から85年まで、20回以上の撮影をし、2500カット以上の中から厳選した1冊!!

    かつてロンドンに暮らし、花盛りのロック・シーンをフィルムに収めたフォトグラファー、浅沼ワタル。1975年の出会いからクイーンと親交を深めた彼が撮影した、貴重な瞬間がここに。若く、野心的で、華麗なクイーンの忘れがたき記憶の記録。今まで見たことがない4人の表情と、テニスやビリヤードに没頭する意外な素顔も必見です。リッジファーム・スタジオ、「ボヘミアン・ラプソディ」MV撮影、ハイド・パーク・フリー・コンサート、全英ツアーなど、未公開写真多数収録。

  • クイーン・フォトグラフス ニール・プレストン写真集
    購入する
  • クイーン・フォトグラフス ニール・プレストン写真集

    B4変型判 / 304ページ / ¥ 8,800

    3,000部限定生産

    クイーンの公式フォトグラファーによる最新写真集『クイーン・フォトグラフス ニール・プレストン写真集』の日本語版が発売!
    ブライアン・メイが時に5人目のメンバーと呼んだフォトグラファー、ニール・プレストン。彼はレッド・ツェッペリンとの仕事でもよく知られているが、クイーンとは、1977年の「世界に捧ぐ」ツアーから、共に全世界を回り、フレディ在籍時のラスト・ツアーとなった1986年のマジック・ツアーの最終公演地まで、バンドの歴史の一瞬一瞬に立ち会い、最も近い所から4人を撮影し続けた。
    時に、楽器に触れそうなステージ・サイド、時に、関係者以外立ち入り禁止の楽屋、時に、つかの間のプライベート・タイムまで、ニールがいかにメンバーに愛され、信頼されいていたかが窺い知れる奇跡のショットが並ぶ。

QUEEN 関連書籍のご案内

特集・イベントレポート