ディスク・コレクション
サウンドトラック

ディスク・コレクション
サウンドトラック

¥ 2,376 (本体 2,200+税)

発売日 2013/3/6
著者 馬場敏裕(監修)
サイズ A5判
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-401-63767-6

ワンテーマに絞ったアルバム500枚以上をオールカラーで紹介し、好評のディスク・コレクション・シリーズに、「サウンドトラック」が登場!!

いわゆるポップ・ミュージックとは違った聴き方をされ、コアで熱心なファンがいるサントラの世界だが、実に奥が深く多彩である。本書ではウエスタン&アクション、男のドラマ&ハードボイルド、人間ドラマ、不条理&サスペンス、愛&エロティックなど、映画のタイプ別に選盤と解説を敢行、リスナー本位の内容を目指している。そもそもサントラとは何なのかという考察、作家別やレーベル別の分析、サントラ裏話などコラムも充実。
ベテランのサントラ求道者はもちろん、これから色々と聴いていきたいという入門者まで、映画ファン、音楽ファンの座右の書となること間違いなし。監修はタワーレコードで長くサントラを担当している馬場敏裕氏で、信頼度は高い。

【CONTENTS】
[part 1]
ウエスタン&アクション

[part 2]
男のドラマ&ハードボイルド

[part 3]
戦争、パニック、SF、スペクタクル

[part 4]
ホラー、残酷

[part 5]
ファンタジー、コメディ、ファミリー

[part 6]
不条理&サスペンス

[part 7]
人間ドラマ

[part 8]
スポーツ&青春

[part 9]
愛&エロティック

[columns]
「サントラ」という「ジャンル」
作曲家たちの競演マカロニ・ウエスタン
永遠のフランソワ・ド・ルーべ
2人の巨匠の80年代シンセ・スコアの意味
極私的エンニオ・モリコーネの魅力
タランティーノの志向する新たなサントラの方向性
リモート・コントロール・チームの音楽
ハリウッドの大作を任される作曲家の現在
キューブリック映画のサントラについて
豊作状態の現在の日本のスコア・シーン
新作よりも活発な、名作サントラCD化情報
さまざまな国の作曲家の音を求めるハリウッドの今
CD化祈願タイトルの多い“人間ドラマ”について
注目レーベル、ムーディー、スコア・メディア
現代音楽とサントラ
アンビエント・スタイル・スコアの現在と今後
サントラにおける“メロディ”とは

購入はこちら

ディスク・コレクション
サウンドトラック

¥ 2,376 (本体 2,200+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品