AOR AGE Vol.9<シンコー・ミュージック・ムック>

AOR AGE Vol.9<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,620 (本体 1,500+税)

発売日 2017/11/09
著者 中田利樹
サイズ A5判
ページ数 144ページ
ISBN 978-4-401-64537-4

巻頭特集は、ソロ・デビュー35周年を迎えたマイケル・マクドナルド。
記念すべきファースト・アルバム『思暮(ワン・ウェイ・ハート)』と、17年振りのオリジナル・アルバム『Wide Open』を柱に、スティーリー・ダン~ドゥービー・ブラザーズとの作品、数多いコーラス仕事も徹底的に研究。
縁の深いランディ・グッドラムやデヴィッド・パックの証言、佐藤竹善がマイケルの魅力を分析したスペシャル・インタヴューも掲載し、天才シンガーの功績を多角的に解き明かします。

後半もウォルター・ベッカー追悼特集、スティーヴ・ルカサーの個人活動研究、イーグルス『ホテル・カリフォルニア』デラックス・エディション速報、ダニー・コーチマー、エド・グリーン、グレッグ・フィリンゲインズ、ポール・ジャクソンJr.のインタヴューをフィーチャーしたスタジオ・ミュージシャン特集など、盛り沢山の内容。

【CONTENTS】
MICHAEL McDONALD
フォト・ギャラリー
ヒストリー
アルバム・レヴュー:1970年代~83年の作品
インタヴュー:1979年(ドゥービー・ブラザーズ在籍時)
アルバム評:『If That’s What It Takes』
関係者証言①:ランディ・グッドラム
アルバム評:ソロ作(1986~2008年)
インタヴュー:1999年/2003年
アルバム評:最新作『Wide Open』
編集盤、アルバム未収録曲
関係者証言②:デヴィッド・パック
関係者証言③:フレッド・モーリン
関係者証言④:志熊研三
デュエット、客演作での名唱
必聴Z コーラス参加曲30選
佐藤竹善が語るマイケル・マクドナルドの魅力

EAGLES
『Hotel California』デラックス・エディションの全貌
AORファンにおすすめしたいバンド/ソロの佳曲
イーグルス/メンバーのコーラス参加曲

STEVE LUKATHER
セッション・ワークを振り返る最新インタヴュー
編集盤『Steve Lukather Session Works Ⅱ』が登場
ソロ活動の軌跡

JAY GRAYDON
セッション参加作、プロデュース作から選んだコンピ第二弾

R.I.P. WALTER BECKER
ヒストリー:マイ・ペースで活動を続けていた矢先の、突然の訃報
アルバム評:ソロ作/プロデュース作

GREAT PRODUCERS featuring RUSS TITELMAN

STUDIO LEGENDS
名曲請負人たちの貴重な証言で送る、スタジオ・ミュージシャン特集
ダニー・コーチマー
エド・グリーン
グレッグ・フィリンゲインズ
ポール・ジャクソンJr.
ライヴ・レポート:デイヴ・コーズ

AOR in SCANDINAVIA
前号に続く、北欧産AORスペシャル第二弾!!
ダーティ・ループス
スウェーデンのジャーナリストが語る北欧でのAOR事情

RENDEZVOUS
本誌監修者が縁のミュージシャンと組んだプロジェクト、処女作の全貌

購入はこちら

AOR AGE Vol.9<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,620 (本体 1,500+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品

オススメ商品