CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス<シンコー・ミュージック・ムック>

CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,620 (本体 1,500+税)

発売日 2017/04/14
サイズ B5判
ページ数 144ページ
ISBN 978-4-401-64450-6

最新ツアー“ワン・オン・ワン”の日本上陸が、いよいよ迫ってきたポール・マッカートニー。
発掘が進むアーカイヴ・シリーズの最新作として、3月には『フラワーズ・イン・ザ・ダート』(1989年発表)のデラックス・エディションも登場!

本書では同作を含むソロ名義でリリースされた全アルバムを、合評形式で徹底解説。ビートルズやウイングスとは異なる狙いで挑んできた各アルバムの魅力と、驚くほど多様な音楽性の変遷を改めて検証します。
ポールが自身のソロ活動を振り返った貴重なロング・インタビュー、“ワン・オン・ワン”ツアーの見どころ紹介はもちろん、ポールのソロ作に参加した関係者への最新取材、愛息ジェイムズ・マッカートニーのインタビューも掲載。
「ソロ・アーティスト=ポール」の仕事を徹底的に味わい尽くす、ファン必携の一冊です!!

【CONTENTS】
“ONE ON ONE”TOUR IS COMING!!
日本上陸目前!! ワン・オン・ワン・ツアーの見どころとは?

“FLOWERS IN THE DIRT”SPECIAL
最新インタヴュー:ポール・マッカートニー
詳細に語った『フラワーズ・イン・ザ・ダート』完成までの物語

『フラワーズ・イン・ザ・ダート』デラックス・エディションの全貌
再考:エルヴィス・コステロとのコラボレーション
1989-1990の記憶と、初のソロ来日公演

ロング・インタヴュー:ポール・マッカートニー(2005)
ソロ・アーティストとしての歩みを自ら語る!!

HISTORY:PART 1 70年代/80年代中頃までのソロ活動

アルバム・レヴュー①:1970-1986

独占インタビュー:エリック・スチュワート(元10cc)
ポールとの交流と、コラボした『プレス・トゥ・プレイ』の真相を語る

HISTORY:PART 2 現役アーティストとして走り続けた80年代末から30年

アルバム・レヴュー②:1988-1993

元担当ディレクターが語る『フラワーズ・イン・ザ・ダート』以降の流れ

アルバム・レヴュー③:1997-2013
変化し続ける<作詞家=ポール・マッカートニー>の世界

アルバム・レヴュー④:サイド・プロジェクト/クラシック作品

インタヴュー:ジェイムズ・マッカートニー
母の死、父の影響――心の痛みを反映した2枚目のソロ・アルバムを語る

購入はこちら

CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,620 (本体 1,500+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品