MILES:Reimagined 2010年代のマイルス・デイヴィス・ガイド<シンコー・ミュージック・ムック>

MILES:Reimagined 2010年代のマイルス・デイヴィス・ガイド<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,760 (本体 1,600+税)

発売日 2016/06/29
著者 柳樂光隆(監修)
サイズ B5判
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-401-64317-2

生誕90年/没後25年となる今年、ドン・チードルが主演・脚本・監督を務めた伝記的な劇映画『マイルス・アヘッド』が公開(日本公開は12月予定)。そのサウンドトラック盤と、残された音源を素材にロバート・グラスパーがリイマジンド(再考)を試みた企画盤『エヴリシング・イズ・ビューティフル』がリリースされ、ふたたび脚光を浴びているマイルス・デイヴィス。彼の残した膨大な作品群を現在の視点で多角的に読み解く、“マイルスを聴き継ぐためのガイドブック”が登場!!
『エヴリシング・イズ・ビューティフル』に参加したロバート・グラスパーやハイエイタス・カイヨーテ、キングなどへの取材はもちろん、マイルスの元担当ディレクターやエンジニア、同じ時代を生きた我が国のパイオニア=渡辺貞夫のインタビューも掲載。また、挾間美帆によるギル・エヴァンス参加作の再検証など、論客たちによる時期/アプローチごとの解説を盛り込み、“神話”の奥にあるマイルスの魅力を浮き彫りにしていきます。

【CONTENTS】
フォト・ギャラリー
はじめに

PART 1 2016
ドン・チードル、映画『マイルス・アヘッド』を語る
人種差別とマイルス・デイヴィス(小林雅明)
インタビュー:ロバート・グラスパー
インタビュー:ハイエイタス・カイヨーテ/キング
スペシャル対談:ロバート・グラスパー×ハイエイタス・カイヨーテ

PART 2 1949-1950
クールが誕生した後に(吉田隆一)
アルバム・レヴュー①

PART 3 1950’s
『Kind Of Blues』の構造(坪口昌恭)
アルバム・レビュー②

PART 4 MILES & GIL
挾間美帆が語るギル・エヴァンスの編曲術
アルバム・レヴュー③

PART 5 1964-1968
1965年の「アンチ・ミュージック」(大谷能生)
アルバム・レヴュー④

PART 6 1969-1975
2016年に聴くマイルスのエレクトリック期(原雅明×柳樂光隆)
アルバム・レヴュー⑤
インタビュー:類家心平--トランペットを電化すること
インタビュー:黒田卓也--バンド・マスターとしてのマイルス
特別取材:渡辺貞夫が語るマイルスがいた時代
元担当ディレクター・インタビュー①:伊藤潔
元担当ディレクター・インタビュー②:中村慶一
エンジニア・インタビュー:鈴木智雄
テオ・マセロのテープ編集術(高橋健太郎)
マイルスとアイルト・モレイラ(ケペル木村)

PART 7 1980-1991
貧欲さを増した“復帰後”の作品が訴えるもの(原雅明)
アルバム・レヴュー⑥
再考:ジャズ/マイルスとヒップホップ(柳樂光隆)
クラブ・ミュージックとマイルス・デイヴィス(廣瀬大輔)
「ブートレグ・シリーズ」を聴く(村井康司)
ドラマー対談:石若駿×横山和明
小川慶太が語るマイルスと打楽器奏者たち
ディスク・セレクション:マイルスの遺伝子

お詫びと訂正

ムック『MILES : Reimagined』P.126~129「貪欲さを増した“復帰後”の作品が訴えるもの」(執筆:原雅明さん)の文中に、正しく修正されていない箇所がありました。
深くお詫びすると共に、以下の通り訂正いたします。

●P.126左段・上から8行目
1975年から→1975年半ばから

●P.126左段・下から10行目
ワウワウ・ペダル→ワウ・ペダル

●P.126右段・下から16行目
ロック的にギター・ソロを→ロック的にソロを

●P.128左段・下から2行目
(マイルス自身は→(マイルスは

●P.128右段・下から5行目
ヒップホップの影響下にある→ヒップホップから派生した

●P.129右段・上から5行目
共作も収めた→共作も収め、

シンコーミュージック・エンタテイメント クロスビート編集部

購入はこちら

MILES:Reimagined 2010年代のマイルス・デイヴィス・ガイド<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,760 (本体 1,600+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品