ロック・ジェット Vol.59<シンコー・ミュージック・ムック>

ロック・ジェット Vol.59<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,320 (本体 1,200+税)

発売日 2014/12/11
サイズ A5判
ページ数 212ページ
ISBN 978-4-401-64100-0

[特集] SPECIAL EDITION
パンクの魂

TOSHI-LOW(BRAHMAN) インタヴュー
自分はどうなの? と問えば、自分は、忘れない。それは自分にとって凄く大事な事だから忘れない。
14歳の時に、CDの棚にあった、あのバンドと同じように、俺は忘れないんですよ

NAMBA69(難波章浩/K5/SAMBU) インタヴュー
≪21st CENTURY DREAMS≫への道/最終的な決め手は……、あのね、いいこと言っちゃいますよ(笑)。
「こいつらと曲を作りたい」と思ったんです。「今、この状態で曲を作ったら凄いのが出来ちゃうな」と

セックス・ピストルズ 年末随想2014
パンク・バンドの理想型、ザ・クラッシュ
パンクのせいで危うく命を失うところだったが……

公式写真集『Jimmy Page』の刊行記念イベント握手会
ピンク・フロイドの記名性と匿名性/新作≪永遠≫を聴きながら

小暮武彦 インタヴュー
3回目のピンク・フロイド・トリップスと、ニュー・アルバム≪透明な夜≫について

3年目のピンク・フロイド・トリップス観た

『沢田研二 2014 LIVE 三年想いよ』南相馬の夜/そっとくちづけを
ロックに愛されたヴォーカリスト、シュリーの軌跡/沢田研二 全アルバム解説

イージー・ウォーカーズ インタヴュー
デビュー20周年を語る

≪こわれもの≫≪危機≫の完全再現ライヴを観た
ストーンズ100回目ライヴ観戦達成秘話

ローリング・ストーンズの蔵出しライヴを堪能する
『ハンプトン・コロシアム(ライヴ・イン1981)』と『LAフォーラム(ライヴ・イン1975)』を中心に

菊地英昭
LET THE MUSIC DO THE TALKING
brainchild’s 早川誠一郎登場

GLAM ROCK EASTER ―マーク・ボラン追悼―
転がり続けるということ――ROLLYについて
地味に必死に一直線に/超優良企業 AC/DCの40年
追悼/ジョニー大倉と少年ヤクザ

ガングリオン インタヴュー
聴いてくれた人の記憶の隅に残る曲たちであればいいなと思っています

アイ・ラヴ・裕……ミッシング・裕!/藤井裕さんを偲んで

購入はこちら

ロック・ジェット Vol.59<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,320 (本体 1,200+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品