ロック・ジェット Vol.45<シンコー・ミュージック・ムック>

ロック・ジェット Vol.45<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,320 (本体 1,200+税)

発売日 2011/10/17
サイズ A5判
ページ数 212ページ
ISBN 978-4-401-63613-6

SPECIAL EDITION
斉藤和義
It’s Only Rock’n Roll !

斉藤和義 怒りがあるなら、歌にすればいい
斉藤和義さんのこと 伊坂幸太郎
斉藤和義の今 新アルバム≪45 STONES≫に寄せて 徳田駆香里
2011年の斉藤和義と中村達也による息の合ったデュエット 池田洋行
ずっと好きだった。 これからも好きです。 野村氏×太田氏
さまざまなロックが描かれる伊坂幸太郎の小説 斉藤睦

特集 ローリング・ストーンズの男たち
進化する表現者、ミック・ジャガー 山本慎也
ザ・フェイセズのロン・ウッド、スーパーヘヴィのミック・ジャガー 金子ヒロム

特集 エアロスミス
RANDY(エアロざます。)インタビュー エアロスミスにおける地を這うような疾走感と、陰鬱な躍動感に魅せられて
岡田弘 インタビュー ≪暗闇のヘヴィ・ロック≫と≪ロックス≫
影山に聞け エアロスミス10度目の来日公演を待って 影山亜紀子

特集 夏のロック・フェスティヴァル
「まわりが潰れたら絶対手を差し伸べてやってくれ。あと子供の手は離すなよ!」(AIR JAM 2011) 斉藤睦
怒りや悲しみは分け合い、喜びや心地よさは倍に。そうやってまた来年、苗場でのんびりと、どっぷりと音楽に浸りたい!(FUJIROCK FESTIVAL’11) 四海尚子
参戦3回目! 社会人2年生の息子とともに(SUMMER SONIC 2011) 四海尚子

特別インタビュー 柴山俊之(ジライヤ) スペンサー・デイヴィス・グループのスティーヴ・ウィンウッド

秋間経夫(ラーマ・アメーバ) マーク・ボランの基本はロックンロールだと思っています
小暮武彦(マウント・デリシャス) 初めてのアコースティック・ソロ・アルバム ≪水と光の魔法≫ について
三国義貴 小暮武彦、スティーヴ・ウィンウッド、ザ・ライデンドロップスについて

映画『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』について 池田洋行
『ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム25周年記念エディション』を記念して 勝山かほる

LET THE MUSIC DO THE TALKING 菊地英昭
いろいろな矛盾がいっぱいあるから、ひとつだけでもそれぞれのキラキラした部分を見つけたい brainchild’sセカンド・アルバム ≪PANGEA≫ を語る

≪PANGEA≫で明らかになったマッドマックスみたいな心を持っていた菊地英昭 佐藤睦
この国に生きる全てのJ.BOY&J.GIRLたちに、浜田省吾は歌い続ける 石田勇

編集後記

購入はこちら

ロック・ジェット Vol.45<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,320 (本体 1,200+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品