いとしの21馬鹿たち どうしてプログレを好きになってしまったんだろう第二番

いとしの21馬鹿たち どうしてプログレを好きになってしまったんだろう第二番

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

発売日 2020/05/28
著者 市川哲史
サイズ 四六判
ページ数 480ページ
ISBN 978-4-401-64902-0

21st CENTURY SCHIZOID MEN IN THE SKY
〈クリムゾン王の宮殿〉築50年記念出版

音楽評論家・市川哲史による、『どうしてプログレを好きになってしまったんだろう』(2017年刊)の第2弾!
今回はキング・クリムゾン、ピンク・フロイドを中心にしつつ、プログレッシャーから冷遇され続けるゴードン・ハスケル、リチャード・パーマー=ジェイムズ(以上キング・クリムゾン関係)、ピーター・バンクス、トニー・ケイ、ビリー・シャーウッド(以上イエス関係)、マイク・ラザフォード(ジェネシス)らにもスポットを当てた濃厚なプログレ評論集。

【CONTENTS】
Walk On:偉大なる詐欺師と詭弁家の、隠し事

第1章 NOT SO YOUNG PERSON’S GUIDE TO 21ST CENTURY KING CRIMSON
(21世紀のキング・クリムゾンに馴染めない)旧世代への啓示
§1 ロバート・フリップが〈中途半端〉だった時代──キング・クリムゾン1997-2008
§2 どうしてキング・クリムゾンは大楽団になってしまったんだろう

第2章 ALL IN ALL WE’RE JUST ANOTHER BRICK IN THE WALL
ぼくらはみんな生きていた
§3 どうしてゴードン・ハスケルは迷惑がられたのだろう
§4 荒野の三詩人──誰かリチャード・パーマー=ジェイムズを知らないか
§5 「鍵盤は気楽な稼業ときたもんだ」(或るTK談)
§6 どうしてピーター・バンクスは再評価されないのだろう
§7 恩讐の彼方のヴァイオリン弾き──プログレで人生を踏み誤った美少年
§8 〈マイク・ラザフォード〉という名の勝ち馬

第3章 FROM THE ENDLESS RIVER
彼岸でプログレ
§9 ジョン・ウェットンがもったいない
§10 我が心のキース・エマーソン ─1990年の追憶―
§11 ビリー・シャーウッドの「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう」

第4章 PARALLELS OF WONDEROUS STORIES
遥かなる悟りの境地
§12 ウォーターズ&ギルモアの「俺だけのピンク・フロイド」
§13 壊れかけのRadio K.A.O.S

第5章 ONE OF RELEASE DAYS
それゆけプログレタリアート
§14 吹けよDGM、呼べよPINK FLOYD RECORDS
§15 地場産業としてのプログレッシヴ・ロック(埼玉県大里郡寄居町の巻)

ボーナス・トラック
§16 ロキシー・ミュージックはプログレだった(かもしれない)

お詫びと訂正

書籍『いとしの21馬鹿たち どうしてプログレを好きになってしまったんだろう第二番』におきまして、以下の誤りがありました。読者ならびに関係者の皆様にお詫び申し上げ、ここに訂正させて頂きます。

■p.425/本文1行目

誤) 2019年1月29日水曜日。
正) 2020年1月29日水曜日。

株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
書籍編集ルーム

購入はこちら

いとしの21馬鹿たち どうしてプログレを好きになってしまったんだろう第二番

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

Amazonで購入する

オススメ商品