JAPAN 1983-1991 瓦解の美学

JAPAN 1983-1991 瓦解の美学

¥ 4,950 (本体 4,500+税)

発売日 2019/09/24
著者 アンソニー・レイノルズ(著)、伴野由里子(訳)
サイズ A4変型判
ページ数 320ページ
ISBN 978-4-401-64825-2

壊れゆくものは美しい──ファンに衝撃を与えた評伝第2弾!
ジャパン解散からソロ活動を経て、再集結するまで
神秘的なバンドの内情を描いた決定版!

1988年から4年間、地獄のような どん底の時期を過ごした。
──デヴィッド・シルヴィアン

デヴィッドとの旅行は本当に楽しかったんだ。
でも、なんで音楽が間に入ると駄目なんだろう。
──ミック・カーン

2017年に刊行され大きな話題を呼んだジャパン初のバイオグラフィ本、その続編が登場!
82年に解散して以降のメンバーのソロ活動の詳細はもちろん、再集結プロジェクト「レイン・トゥリー・クロウ」の裏側、そしてまた4人それぞれの道を歩むようになるまで──その軌跡を追う。メンバーはもちろん、マネージャー、彼らと共演したミュージシャン、エンジニア、果てはファンまで、数々の証言から浮かび上がるジャパンの真実。

今回も日本ならではの秘蔵写真やインタビューを付け加えた日本特別仕様でお送りします。

【CONTENTS】
第1章 花の如く天に向かって手を伸ばす
デヴィッド・シルヴィアン 1983年インタビュー

第2章 流行の後
ダリズ・カー(ミック・カーン&ピーター・マーフィー) 1984年インタビュー

第3章 他の可能性は必ずある
デヴィッド・シルヴィアン 1984年インタビュー

第4章 君の声が聞こえる

第5章 泳ぐということ
ドルフィン・ブラザーズ 1987年インタビュー

第6章 ミツバチのささやき
デヴィッド・シルヴィアン 1988年インタビュー

第7章 陰翳礼讃

第8章 奔走
デヴィッド・シルヴィアン 1990年インタビュー

第9章 幕切れ

その後 ロブ・ディーンの話

デヴィッド・シルヴィアン 自叙伝

購入はこちら

JAPAN 1983-1991 瓦解の美学

¥ 4,950 (本体 4,500+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品