YOUNG GUITAR 2017年10月号:表紙・巻頭特集 高見沢俊彦 最新インタビュー

YOUNG GUITAR:表紙・巻頭特集 高見沢俊彦 最新インタビュー

pic:Chie Kato(CAPS)

Takamiy名義でリリースされた、高見沢俊彦の初ソロ・ベスト・アルバム『美旋律〜BestTune Takamiy〜』。本作は’07年発表の2ndフル『Kaléidoscope』以降の作品からセレクトされた全13曲で構成されているが、既発の音源ではなくヴォーカル・パートを新たに収録し直したリレコーディング音源となっているのが大きなポイントだ。
このベスト盤について、今回高見沢本人に話を聞くことができた。同作の制作に関するトピックはもちろんのこと、’91年のソロ・デビューから現在までに発表された各アルバムやシングルについてもコメントしてくれている。また’00年代後半にメタル・ミュージックへ傾倒し始めた頃の音楽的な理念や、昨今興味が高まっているというジャズ系のプレイについての証言などは、現在の高見沢のギタリスト像を正しく理解する上で必見と言えるだろう。音楽とギターへの愛情に溢れたロング・インタビューを、じっくりと堪能していただきたい。

YG:まずは高見沢さんのソロ・キャリアの原点である1stソロ作『主義-Ism:』についてお聞きします。どういう経緯で制作がスタートしたのでしょうか?

高見沢俊彦(以下TT):発足して間もない頃のヴァージン・ジャパンから、「イギリスでプロデューサーを立てて、アルバムを作ってみませんか?」という話をもらったんですよ。その時は「プロデューサーを立てる」という点に惹かれたので、引き受けることにしました。というのも、日本で作品を作る時はイニシアティヴを自分が握っていたから、外部の人間に料理されるという状況は面白そうだと感じたんですよね。作曲からレコーディングまで、すべてをイギリスでやったんですけど、1枚のアルバムを作るのに何とプロデューサーが4人もいたんですよ!今では考えられない。個別に作業をしなくてはいけないから、午前中に1人のプロデューサーを尋ねて、午後にもう1人、そして次の日はまた別のところに行って…みたいなね(笑)。

YG:とても刺激的な経験だったわけですね。

TT:そう。海外のプロデュースはどんな感じなんだろうという興味も凄くありましたしね。そう言えば、当時のイギリスではみんなMacではなくATARIのコンピュータを使っていたんですよ。それで僕もATARIを買ってみたんですけど、自分にはどうも合わなくて、すぐMacに戻しちゃった(笑)。

YG:そういった機材面も含めて、日本の現場との違いで苦労することも多かったのでは?

TT:いざやってみると本当に大変で、これはえらいことになったと思いましたよ。でも、そこで得たものをTHE ALFEEで活かすことができるだろうとも思っていたので、単身ロンドンに乗り込んで頑張ったんです。そうして『主義-Ism:』が完成したわけですけど、本当は全部で3枚作るつもりだったんですよ。『主義-Ism:』は結構メロウな曲が多かったから、2枚目はハードな曲を中心にして、3枚目はメッセージ性の強い作品にしようという構想があったんですけど、レーベルが売却されてしまい、結局そのプランは消滅しちゃいました。

YG:それから次のソロ作品『Berlin Calling』(’05年のミニ・アルバム)を出すまでに、14年ほどのブランクがありましたね。

TT:そう。14年も空いてしまうと、リセットされたようなものだよね(笑)。その後、’07年に『Kaléidoscope』という2枚目のフル・アルバムを出した頃から、自分の中では本格的にソロ・ワークを再始動させたという感じです。

YG:この作品から、いわゆるハード・ロックなテイストが濃くなりましたよね。

TT:そういう部分も確かにありますけど…


・・・続きはヤング・ギター2017年8月号でお楽しみ下さい。

YOUNG GUITAR 2017年10月号のご案内

  • YOUNG GUITAR 2017年10月号
    購入する
  • YOUNG GUITAR 2017年10月号

    AB判 / 208ページ / ¥ 980

    ◇FEATURES◇
    ■[SPECIAL COVER EDITION:LATEST INTERVIEW & GEAR]
    唯一無二のアーティストとしてシーンに君臨し続ける日本ギター界の貴公子を大特集!
    高見沢俊彦
    ─Takamiy─
    ★[INTERVIEW]第2期ソロ・プロジェクトを総括したベスト盤を語る
    ★[GUITARS]10本のTakamiy's ESPギターを大解剖
    ★[EQUIPMENT]最新のライヴ用サウンド・システムに迫る!

    ■[LATEST INTERVIEW]名盤『HURRICANE EYES』リリース30周年!
    Akira Takasaki / LOUDNESS

    ■[LATEST INTERVIEW]力みなぎる新作『WILL TO POWER』を2人が語る!
    Michael Amott & Alissa White-Gluz / ARCH ENEMY

    ■[SPECIAL EDITION]メタル度120%の最新リック+αを映像連動でレクチャー!
    Andrea Martongelli / ARTHEMIS

    特別付録:ダウンロード用エムカード(SPECIAL DLC)
    ■[メタル度120%の最新リック+αを映像連動でレクチャー!]Andrea Martongelli / ARTHEMIS
    ■[ニック・ジョンストン's 奏法講座]ATOMIC GUITAR Vol.2 第2回

     
    ■[LIVE & INTERVIEW]ジャズ界の才人を来日取材でキャッチ
    Mike Stern

    ■[LATEST INTERVIEW]バンドの成長を“証明”する最新フルが完成!
    Kyrie & Shinno / NoGoD

    ■[LATEST INTERVIEW]メロディック・メタルの雄が完全復活!!
    NOCTURNAL RITES feat. Fredrik Mannberg & Per Nilsson

    ■[LATEST INTERVIEW]更なるオリジナリティを形成した3rd作について直撃!
    Josh McClorey / THE STRYPES

    ■[特別連載企画]達人ジャズ・プレイヤーの神髄を味わう入門ガイド
    THE INCREDIBLE JAZZ GUITARISTS
    第9回:Mike Stern

    ■[LIVE & GEAR]夏定番のハマスタ・ライヴとその使用機材をレポート!!
    TUBE feat. 春畑道哉

    ■[SPECIAL HARDWARE EDITION]
    膨大なリアル・サウンドを操る二大ギア徹底分析!
    Line 6 音楽の未来を拓くコンビネーション feat.“Variax Shuriken”&“Helix Floor”

    ■[特別連載]乃木坂46の川村真洋がチャレンジ!!
    ろってぃーのRoad to Guitar Heroine
    [SEASON 2]第2回

    ◇LIVE◇
    SUMMER SONIC 2017
    Richie Kotzen/COSMOSQUAD

    ◇HARDWARE◇
    ■[最新楽器情報]編集部イチオシのホットな機材群をチェック!!
    SOUND HOT LINER 2017

    ■[SHL Features]小型で高性能なアンプの賢い使い方を伝授
    “Adio Air GT”/ VOX

    ◇THE SCORE◇
    ●「Fantasia ~蒼穹の彼方」/Takamiy
    ●「The World Is Yours」/ARCH ENEMY
    ●「Rock 'N Roll Gypsy」/LOUDNESS

    ◇LECTURE◇
    ■[PLAYING LECTURE]ビギナーのあなたを一人前に育てます!
    YG式ギター事始め帖 第9回

    ■技巧派ニック・ジョンストン直伝奏法レクチャー!
    ATOMIC GUITAR Volume 2 第2回

    ■イタリアの超絶ギタリストが指南する多弦の極意!
    多弦派テクニシャン養成塾 by フランセスコ・ファレリ 第6回

    ■MI JAPANの名物講師陣が、毎月様々なネタを伝授!
    GIT SUMMIT WORKSHOP 第52回

    ■プロのクラフトマン直伝! ギターいじりのA to Z
    YG TUNE-UP FACTORY ~メンテナンス編~ 第10回

    ◇COLUMN◇
    ■あなたの知らないギタリスト、その魅力をとことん語ります!
    ROLLYの“ロック・ギター異人伝”

    ■グランロデオ:e-ZUKAの行き当たりばったりギター・コラム!
    NOWでYOUNGなヅッカヅカ☆ギター人生

    ■名ギタリストの妙技を盗め! 快感テクニカル・ギター奮闘記
    TOTALFAT:Kubotyの“いただき!もっこりチャンス”

    ■Mary's Blood:SAKI による自由気ままなメタル・トーク!
    ちゃっきーの“地獄より愛をこめて”

    ■ウイリアム・ヘイムスのL.A.通信 WHAT'S GOING ON?
    ■YG最長寿連載:モリジュンの音の細道遊行記

    ◇REGULAR◇
    ■分からないスコア記号はここでチェック!
    スコア/譜例演奏記号一覧表
    RELEASE N' NEWS(新譜情報&最新音楽ニュース)
    YG BACK NUMBER(バック・ナンバー&定期購読)
    CONCERT SCHEDULE(来日/国内アーティスト公演日程)
    YG PRESENT(読者プレゼント)
    EDITORS NOTES(編集後記)

特集・イベントレポート