fabulous stage vol.08:浦井健治 インタビュー

fabulous stage Vol.08:浦井健治インタビュー


 

 韓国で2018年7月10日から上演されたヴィクトル・ユゴー原作の『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』が、2019年4月~5月に日生劇場ほかにて上演されることが発表された。

 日本では、脚本をロバート・ヨハンソン、代表作に『スカーレット・ピンパーネル』『ジキル&ハイド』などを手掛けたフランク・ワイルドホーンが音楽を、演出を『キューティ・ブロンド』などを手掛けた上田一豪が担当する。

 退廃に満ち満ちた17世紀の英国貴族社会を舞台にした今作。〝子供買い〟の異名を持つコンプラチコにより、見世物として口を裂かれ醜悪な笑みを貼り付けられたグウィンプレンは、ある日一行の船から放り出されてあてもなく雪の中を彷徨う中で、凍え死んだ女性が抱えていた赤ん坊(後のデア/夢咲ねね&衛藤美彩)を見つけ、偶然出逢った興行師ウルシュス(山口祐一郎)の元に身を寄せることになる。時は経ち、グウィンプレンは成長し、妹のように育ったデアと互いに愛情を抱くようになっていたがーー。

 見世物として育てられ、数奇な運命を辿る青年・グウィンプレンを演じるのは浦井健治。日本初演となる期待作について、じっくりと語ってもらった

 

──最初に、『笑う男 The Eternal Love –永遠の愛』オファーのきっかけから聞かせてもらってもいいですか?

「東宝の方と一緒に会議室みたいな所で、ワイルドホーンさんがピアノで楽曲を何曲か弾いて下さって。そこで〝健治、この曲をやろう〟と言っていただいたんです」

── それは今作の中の楽曲ですか?

「今作の中で歌われる楽曲です。それを実際に弾いて聴かせて下さって。こんなに素晴らしい曲を歌わせてもらえるなんて!って思いましたね。ヴィクトル・ユゴーさんの描かれた原作も、とても詩的で叙情的で感動的で、心の琴線に触れるというか、登場人物の気持ちの移り変わりや、いろいろな愛の形が描かれたもので。それを、エネルギッシュに楽曲に乗せるワイルドホーンさんのパッションにも魅了されましたし、僕が演じさせていただくグウィンプレンという役との出会いを、すごく幸せに感じて、絶対に演じたいという気持ちが生まれました」

── 原作を読まれて、グウィンプレンをどのように演じていきたいと思いましたか?

「見世物として、貧困に立ち向かって必死に生きていくグウィンプレンの生き方を、とにかく真っ直ぐに伝えたいと思いました。物語の中では、貧困な生活と裕福な生活の対比が鮮明に描かれていて、グウィンプレンがその中でいろいろと揺れ動きながら、必死に生きる様が伝わるように努力したいな、と」

── 浦井くんが分析する、グウィンプレンの性格とは、どんな感じですか?

「とてもピュアで、真っ直ぐな人だと思います。デアを通しても、彼の純粋さをしっかりと演じていけたらいいなと思っているんです。口を裂かれ、醜い姿にされてしまったことでの劣等感もあるし、その中での悲しみや苦しみや怒りを持っている人だと思うので、そんな感情の一つ一つを、リアルに演じていきたいです」

 

・・・続きは、発売中のfabulous stage Vol.08をご覧ください!

fabulous stage Vol.08
2月18日発売/B5変サイズ/176ページ/¥1,620(税込)

◆内容
表紙:古川雄大

2月23日から上演のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』で3度目のロミオ役を務める古川雄大さんが表紙に登場!

共演の三浦涼介、平間壮一、黒羽麻璃央、廣瀬友祐も含めたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』巻頭85ページ大特集をお届けします!

[ラインナップ]
古川雄大・・・ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
三浦涼介・・・ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
平間壮一・・・ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
黒羽麻璃央・・・ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
廣瀬友祐 ・・・ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

浦井健治・・・ミュージカル『笑う男 The Eternal Love –永遠の愛
連載「浦井健治の小福劇場」(ゲスト 城田 優)
勝地 涼・・・舞台『空ばかり見ていた』
鈴木拡樹・・・舞台『どろろ』
山崎育三郎・・・ミュージカル『プリシラ』
井上芳雄・・・舞台『十二番目の天使』

Stage Pick Up 舞台『紫猫のギリ』レポート

 

 

fabulous stage vol.08 最新刊のご案内

  • fabulous stage Vol.08<シンコー・ミュージック・ムック>
    購入する
  • fabulous stage Vol.08<シンコー・ミュージック・ムック>

    B5変型判 / 176ページ / ¥ 1,620

    2月23日からスタートするミュージカル『ロミオ&ジュリエット』で3度目のロミオ役を務める古川雄大さんが表紙に登場!
    共演の三浦涼介、平間壮一、黒羽麻璃央、廣瀬友祐も含めたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』巻頭85ページ大特集をお届けします!

    【CONTENTS】
    古川雄大
    三浦涼介
    平間壮一
    黒羽麻璃央
    廣瀬友祐
    ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』作品紹介

    [Stage Pick Up] 舞台『紫猫のギリ』レポート

    浦井健治
    勝地 涼
    鈴木拡樹
    山崎育三郎
    井上芳雄

    連載「浦井健治の小福劇場」(ゲスト 城田 優)

    表紙への道 & Making Check!!
    Present for you

浦井健治 バックナンバー

特集・イベントレポート