awesome! Vol.32:佐藤 健インタビュー

 

母親が父親を殺す――そんな衝撃的な事件から〝家族〟を描きだす、映画『ひとよ』。主演の佐藤 健が演じるのは、3兄妹の次男、雄二。地元を離れて東京でフリーライターとして働くも、夢だった小説家への道は遠く、家族とは距離を取っている。無精髭を生やし、常に眉間にしわを寄せていて、これまで佐藤が演じてきたキャラクターとはまた違う、荒んだ雰囲気を纏う。念願でもあったという白石和彌監督の下、「今までで一番力が入ってなかったかも」とも語る現場でのスタンスは? 今年、30歳を迎え、変化してきている芝居との向き合い方なども含め、今、感じている想いを語ってもらった。

 

── 最初に脚本を読んでどう思われましたか

「久々に初見で〝これは面白い!〟っていう作品に出会えて嬉しかったです。登場人物はみんな難ありなんですが、全員が愛おしく思えて共感もできる。なかなかそういう作品はないので。最後のシーンは理屈抜きで感動しました。理由を掘り下げるところまではいっていないですけど、なぜか感動していました。兄妹の絆っていうか、3兄妹がずっと変わっていないな、っていうことだったりが良かったですね」

── 白石監督から、雄二の役は健さんでやりたい、という提案があってのオファーだったそうですね。

「白石作品はほぼ観ていたので嬉しかったです。ずっとご一緒したいと思っていました。しかもこんな素敵な台本で。すごく楽しみでした」

── なんで雄二役が自分なのかな?とは、考えませんでしたか?

「それはないかな。そんな疑問すら持たなかったです。むしろ本質では、雄二はそんなに自分と遠くない人間だとも思っていたので」

── これまで演じた役とは違って、やさぐれた感もあるキャラクターでしたが。

「周りからは今までと違うと言われるんですけど、自分としては新しいことをしたつもりはなくて、意外と普通なんです。ただ、兄妹が3人いたら2番目の雄二が結構行動的といいますか。ちょっと悪いけど頼りになる人とかって、同級生にいたりするじゃないですか? そういう感じをイメージしたりしました」

── 今回、雄二というキャラクターとは、どう向き合いましたか?

「そんなに頭で緻密に考えて作り上げていくものでもないので、感じたまま、このシーンはこうしようということはほとんど考えず、ノープランでいくことが多かったです。兄妹のシーンだったら、お兄ちゃんや妹の顔を見たりしながら、こういう15年だったのかな、こういう幼少期を過ごしてきたのかなと、なんとなく感じるものがあるんです。そういうところから膨らませていった感じですね」

 

・・・続きは、発売中のawesome!Vol.32をご覧ください!

 

awesome! Vol.32

11月7日発売/B5変サイズ/176ページ/¥1,500(tax out

◆内容
表紙:佐藤 健

最新撮り下ろしグラビア、11月8日公開の主演映画『ひとよ』についてのロングインタビュー、
イベントレポート&作品紹介による、巻頭20ページ大特集をお届け致します!

[掲載ラインナップ]
賀来賢人
成田 凌
杉野遥亮
小関裕太
片寄涼太
金子大地
小林亮太
今井隆文
平埜生成
三浦涼介

・・・

awesome! Vol.32 のご案内

  • awesome! Vol.32<シンコー・ミュージック・ムック>
    購入する
  • awesome! Vol.32<シンコー・ミュージック・ムック>

    B5変型判 / 176ページ / ¥ 1,650

    最新撮り下ろしグラビア、11月8日公開の主演映画『ひとよ』についてのロングインタビュー、イベントレポート&作品紹介による、巻頭20ページ大特集をお届け致します!

    【CONTENTS】
    佐藤 健

    映画『ひとよ』
    ジャパンプレミア試写会レポート+作品紹介

    賀来賢人
    成田 凌
    杉野遥亮
    小関裕太
    片寄涼太
    金子大地
    小林亮太
    今井隆文
    平埜生成
    三浦涼介

    表紙への道 & Making Check!!
    Present for you

特集・イベントレポート