『IDOL AND READ 017』の発売を記念したトークショー&サイン会が、小犬丸ぽちさん(CY8ER)をゲストに迎え、2019年1月22日書泉ブックタワーにて開催された。司会進行はIDOL AND READ吉田編集長が担当。


CY8ERは、絶対にワンマンで東京ドームシティホールを満員にしたい!

ぽちさんの年末年始

── IDOL AND READの吉田と申します、平日なのにこんなに集まっていただいてありがとうございます。ではさっそく小犬丸ぽちさんをお迎えしたいと思います、小犬丸ぽちさんです。(場内大拍手)

小犬丸ぽち(以下ぽち):今日は『IDOL AND READ 017』の発売記念イベントにお集りいただきありがとうございます。(場内大拍手)

── まずは一月ということで、 “明けましておめでとう”の方もいらっしゃると思うので。一言いただけますか。

ぽち:みなさん!明けましておめでとうございま〜す、あけおめ(笑)。

── ぽちさんは新年になる瞬間は何をされてました?

ぽち:LINEライヴです。動画配信生サイトをやっていて、(場内に)見てくれてたよね、ありがと。

── 新年に切り替わる瞬間もLINEライヴで迎えて。

ぽち:そう、10,9,8,7…とカウントダウンして。

── で、明けて一月一日は何を?

ぽち:特に何もしてなかったです。

── 完全オフ。で、問題の二日なんですけど(笑)。

ぽち:問題の(笑)。

── おとうとまると遊びに行きましたっていう2ショット写真をTwitterに上げてましたけど、あれ初詣ですよね。

ぽち:そうです、初詣行きました。二日は実家に行ってお母さんとおとうとまると三人で。

── これは純粋な感想なんですけど、おとうとまるが可愛すぎる(笑)。

ぽち:(場内に)可愛い? うんうん。

── 弟さんはアイドルをやるつもりはないんですか?

ぽち:ないです、社会人なので。

── ぽちさんと弟さんを見てると、まままる(お母さん)もキレイなんだろうなと想像したんですが。

ぽち:ぽちはお母さん似って言われます。

── ぱぱまるは?

ぽち:パパは…カッコいいかな。

── キレイなお母さんとカッコいいお父さん。で、そうした画像を上げていることもそうですけど、心なしか2019年に入ってからTwitterの更新度が上がってるような気がします。

ぽち:上げてます!(場内に)みなさん気づいてくれましたか?

── それは、何か思うことがあって?

ぽち:最近はLINEライヴをよくやっていて、それを見て遠征してくれた人が今日もいるんですけど、なんかもっと身近になれた方がお互いに嬉しいなと思って。で、更新率を高くしていこうと。CY8ERがこれから大きなライヴハウスとかホールでライヴをやるようになっていくので、それに向けて──というのもちょっとあります。

── 意識を高く持って。Twitterにはコスプレ写真もいくつか上がってて。ああいうのってファンはメチャクチャ嬉しいんじゃないかと思います。

ぽち:ふふふ。

── 話を戻すと三日はお台場でNew Year Partyに出て、2019年一発目のライヴを。どんな感覚でした?

ぽち:年末1226日にEX THEATER ROPPONGIワンマンで新曲のお披露目をしたんです。で、その時に来れなかった人もいるから──と13日にもう一回やったんですけど……、なんかすごい緊張しちゃって。

── EX THEATER自体のライヴはどうでした?

ぽち:初めてのホール・ライヴで、その日に向けて今までの曲に新曲を入れて、もっと大きな振りで遠くの人にも奇麗に見えるようにして、歌も聞きやすいようにと皆で考えながら練習をずっとやってたんで。

── まさにCY8ERが大きくステップアップしているのが感じられるライヴでしたね。

ぽち:そうですね、その時期の他のワンマンと違う感じで。

── そのEX THEATERで、「スポットライトセオリー」と「エンドロール」を初披露。それぞれにどんな思いが託されているかを教えていただければ。

ぽち:「スポットライトセオリー」というのはYouTubeにもアップされた新曲で、踊りが今までの中で一番難しくて。CY8ER2年間やってきた踊りとかをすべて集めて、ここまでできるようになったんだよ──っていう感じの曲の振り付けだったんです。歌詞の中にもりなちゃん(苺りなはむ)が色々考えたことがあって、そういうところを見せられたらいいな──という気持ちで。「エンドロール」という曲は、ワンマンの時にも言ったんですけど。

── はい、感動的な話をしてましたよね。

ぽち:ファンの皆とCY8ER、そのみんなでCY8ERなんだよ──っていう曲で、みんなの声とか手拍子とかがあってやっと完成する曲。

── こっちもYouTubeに上げて欲しいですけどね。

ぽち:たしかに。でもこの曲、ぽち的に思ってるのは、どんどんどんどんライヴを重ねていくに連れて大きくしていく、育てていくと。

── なるほど、この曲はファンと一緒に作り上げていきたいって言ってましたもんね。

ぽち:そうですそうです。

── CY8ERの目標としている横浜アリーナへ、ファンの皆と一緒に行くんだって。

ぽち:「エンドロール」は特に、横浜アリーナまでに曲を成長させて、横浜アリーナで完成できたらいいな。

── 横浜アリーナに立つことは、なんとなく見えてます?

ぽち:りなちゃんも言ってたんですけど、<2020年までに横浜アリーナを目指す>。あと、2年?1年?

── 早くて1年、ギリギリまででも2年弱。急がないとですね。

ぽち:うんうんうん。

 

 

IDOL AND READインタビューの話

 

── で、IDOL AND READの話をしたいと思うんですが、この時の撮影は、カメラマンと事前にロケハンをして撮影場所を共有しておきましょうと1時間前に待ち合わせをしたんですよ。ところが、カメラマンと合流したら、“もう着いたんですけど”ってマネージャーさんから連絡が入って。今日もこちらから指定した時間の20分前には来ていて(笑)。時間守りますね。

ぽち:そうですね。CY8ERは<セルフ・プロデュース>というところがあるので、皆でそういうところはちゃんとしておこうと決めてて。お仕事を一緒にしていく人たちといい気持ちでできたら──と。

── この本の撮影のときも1時間前くらいに来てて。

ぽち:場所が遠かったし広かったから、迷子になったら──と念のため(笑)。

── だから結局カメラマンとのロケハンはできなかったんですよ(笑)。

ぽち:そうなんですね(笑)。

── で、その取材で、僕が<謎めいている>と思ってたぽちさんの色んなことが分かってきたんですけど、特典会とかでファンからはどんな反応がありました?

ぽち:読んでくれた人はみんな物販に来てくれて。この本の中ではCY8ERのことも話してるけど、ぽちの小学校や中学校の頃のことも話してて、話しちゃったら、“みんなぽちのことあんまり好きじゃなくなっちゃうかな──”って思ったんですよ。そう思ったんだけど、“読んだよ、言ってくれてありがとう“って皆が言ってくれたので、あ、よかったって思って。

── そう、取材して、色んなことが“そうか”ってすごい分かって。CY8ERにぽちさんがいてよかった!って思いました。

ぽち:インタビューが終わったときにそれを言われたのが凄い印象的でした。

── それ、僕言いましたよね。IDOL AND READにはメンバー全員に一人ずつ順番に出ていただいたんですけど、最初にりなはむさんから始まってから、ずっと<激動の話>ばかりだったので(笑)。

ぽち:そうですよね。

── 極めつけは、やみいさん(病夢やみい)だったんですけど。ましろさんもアンナさん(藤城アンナ)も過去に色々あったって話をしてて。そして最後にぽちさんが<家族愛>とか<CY8ER>とかの話をしてくれて、“あぁ、やっぱりぽちさんはCY8ERの頼れるリーダーだなぁ”って思いました。

ぽち:うれしい! それをそのときも言ってくださって。

── インタビューの最後をぽちさんにしてよかった、ハッピーエンドになった!って感じで。

ぽち:よかったです。

── で、家族の方は読んでます?

ぽち:家族は──おとうとまるは読んだみたいで。お母さんとお父さんには恥ずかしくて、イベントが終わって、みんなが“見せなよ”って言ってくれるのを待ってます(笑)。

── おとうとまるは何か言ってました?

ぽち:弟はぽちが小学校〜中学校〜高校の頃のこととかも全部知ってるし。で、“よく言ったね”みたいな(笑)。そうそう、撮影のときのジャケットはおとうとまるのです。

── すごく仲良しですよね。しかも個人活動の方ではぽちさんのお手伝いもしてくれてるそうで。

ぽち:そうです、POCHI(個人活動はPOCHI名義で行っている)のイベントの物販スタッフをおとうとまるはやってて。

── なんかCY8ERって家族ぐるみの付き合いをしてますよね。

ぽち:家族っていいですよね。

── 素晴らしい。それでアンナさんの事もいい話をしていて。アンナさんとはいまだに普段からよく遊ぶ?

ぽち:昨日も一緒にいました。レッスンがあったんですけど、その後も一緒にいて。けっこうアンナといることが多くて、一緒にいて楽しいし。

── そうだ、そもそも去年ここでやったアンナさんのトークイベントの時にあの話をしてくれたんです。

※2018年10月22日アンナ談『私はCY8ERに入るときに担当カラーは寒色系がいいと思ったんです。でも青はりなはむがいて、緑はぽちがいる。そうしたらぽちが、“ぽちは黄色になりたい、ぽちがみんなの太陽になるから、ぽちは黄色でアンちゃんは緑になれば”って言ってくれたんです』

そのレポートをぽちさんは読んでくれてたんですよね。それで、話が繋がって、二人の関係性ってすごいいいなぁって。

ぽち:ぽちが、<アンナはどうしてもCY8ERに必要だ>と思って、メンバーやマネージャーさんに、“アンナさんいいなぁ”って言ってたんです。それでアンナが“入りたい”って言ってくれたときに色の話になって。

── でも担当カラーを変えるのって結構大変なことじゃないですか。

ぽち:そう。グッズとか、ペンライトもみんな緑を買ってくれてて──、だからそれをみんなが受け入れてくれるかな…というのを思ったんですけど。大丈夫だった。

── でもそれくらいアンナさんに入って欲しかったし、今でも仲良く遊んでる──という。他のメンバーとは?

ぽち:めちゃ仲いいですね。りなちゃんはワンちゃんを飼っていてよくインスタに上げてるんですけど、ぽちもりなちゃん家に行ったら一緒に遊んでます。

── さっきの家族の話なんですけど、貯金をして家族を旅行に連れていってたりしてるって話してて、偉いなぁって思って。で、逆に考えると、それくらいきちんとお金を貰っている…ということは、CY8ERはブラックじゃないんだな…と改めて思ったり。仲もいいし、いいグループですね。

ぽち:そうなんですよ。

── 最近、何か親に買ってあげたものとかは?

ぽち:最近は──今週に或る事をしようと思っているんですけど。

── それはまだ言わない方がいいかな。

ぽち:(笑)。

 

2019年のCY8ER

── それで、今後の予定の話になるんですけど、東名阪でCY8ER主催のイベント「心拍数三一八」があって。

ぽち:そうですね、これまで「心拍数」は東京ではやっていたんですけど、今回初めて東名阪でやるので。女性は無料のイベントなので、<気になってるけど行きづらい>人に来てもらえたらいいなと思ってます。

── 「心拍数」東名阪の意気込みは?

ぽち:これまでは、ぽちがDJをやっているのでDJ Crewの人たちも出演したことがあるんです。アイドルさんを呼んで開催したこともあるし。で、今回はCY8ERに関わってくださってるトラックメイカーさんとか、今スゴいキテる有名なトラックメイカーさんを呼んでやるんです。だからアイドルのイベントだから──ちょっと…と思ってる人にも、トラックメイカーさんのイベントだから来ませんか──って言って。

── 実際自分がBPM15QCY8ERの前身)に興味を持ったきっかけもそうでしたものね。

ぽち:そうなんです、ぽちはそういうのが好きで。

── アイドルが好きだったわけじゃなくて、曲がよくて入ったっていう。

ぽちYunomiさん(トラックメイカー)の曲だったら世界を取れるんじゃないかなって思って。

── Yunomiさんも出るんですか?

ぽち:東京WOMB131日にやる「心拍数三一八」にはYunomiさんも出演してくれます。

── その「心拍数三一八」の東名阪ツアーがあって、次にすごいのが310日にある「ホノルル·レインボー駅伝(EKIDEN)2019」で、CY8ERがオフィシャル・サポーターになってる。

ぽち:そうですそうです。

── これはどういうことですか?

ぽち CY8ERがサバイ族(ファン)の皆と思い出を作りたい──と思ってたタイミングでオファーをいただいたので、やることにしました。

── 自分たちも思い出を作りたい、ホノルル駅伝があって主催のJTBCY8ERにオファーしたい──というタイミングが合致して。

ぽち:すごいですよね。

── で、走る?

ぽち:走ります。

大会当日にはCY8ERのメンバー5人でチームを結成し、一般ランナーの方々と一緒にオフィシャル駅伝(EKIDEN)へチーム参加することが発表され、また前夜祭“Kick off NIGHT!”のステージでミニライブを展開することも発表されました。
詳しくは http://hawaii-event.com/ja/

── 運動神経はいい?

ぽち:気づいたんですけど、ぽちはライヴをしてても汗かかないんです。代謝がいいかどうか分からないんですけど、めっちゃ体力が付いてきてて、マラソンはイケるんじゃないかなって思ってるんですよ。

── 他のみんなは?

ぽち:りなちゃんは割と体力があるから長距離を一緒に頑張ろうと。

── アンナさんは結構汗をかいてるイメージがありますけど(笑)。

ぽち:汗かくメンバーとかかないメンバーがいて。

── アンナさんは汗をかくけど運動神経はよさそうですよね。

ぽち:多分気持ちはすごい強いから。

── やみい(病夢やみい)さんは、この間のEX THEATERのときとか身体が仕上がっててスゴい腹筋をしてたから、運動神経いいんだろうな──って。

ぽち:そうそうそう、努力してますね。

── で、もう一人なんか運動神経大丈夫かな?っていう人がいるような気がするんですが(笑)。

ぽち:ましろちゃん、ちょっとバテそうですよね、心配。

── 前に取材したときにスキップができなかったんですよ。あ、そういえばCY8ERで運動会に出たことありましたよね。( “アイドル大運動会2017〜ただの運動会じゃないもん〜”)

ぽち:やったけどCY8ERはビリでしたね。

── でも、ぽちさんは走るのは大丈夫だと。

ぽち:多分大丈夫(笑)。長距離の方が得意。

── CY8ERは海外でもライヴはもうやってますよね、去年は韓国でゲリラライヴもしてるし。今度はハワイで。

ぽち:ハワイはCY8ERのメンバーで行くのは初めてだし、ぽちまるもハワイは初めて。

── そして、大きなのが、6月23日TDC(東京ドームシティホール)の「CY8ER DEATH MATCH」。TDCは行ったことあります?

ぽち:テレビ番組のイベントがあって、それで挑戦して出たこともあったんですけど、負けて流れてしまったのでそのリベンジもあって。CY8ERは絶対に東京ドームシティホールをワンマンで埋めたい、自分たちの力で埋めたいと思ったので。満員にしたいですね。

── 意気込みとしては?

ぽち:今回の「心拍数三一八」もそうなんですけど、623日までにもっと沢山の人にCY8ERを知ってもらえるように皆で頑張ろうと思っているので。ぽちまるは個人的にTwitterの更新率を上げたり配信とかもやっているんですけど、今よりももっともっとたくさん頑張りたいと思います。

── 意識高く。インタビューでも言ってましたけど、CY8ERを守る立場から自分から引っ張って行くようになったし。そういう気持ちの現れがTwitterの更新にもなってるんだろうし。あと、また話が戻っちゃうんでですど、インタビューの時に、DJは好きなお酒を飲んで好きな曲をかけられるから好き──っていう話になって。お酒って強いんですか?

ぽち:ずっと飲んでると──ひんぱんに飲んでると耐性が付いて。DJの人ってみんな飲むんですよ、皆で乾杯するって感じなので、それで強くなったのかなって(笑)。

── 結果、スゴく飲むってこと?

ぽち:普通のハイボールとかじゃなくて、ショットをいっぱい飲む(笑)。

── それヤバくないですかね?気づいたら倒れてた──みたいな。

ぽち:ないけど、一回だけ寝ちゃったことはあります。

── 寝ちゃうんですね、暴れたりはしない。昨日だったか、アンナさんがスゴいデカいハイボールをTwitterに上げてた気がするんですけど。アンナさんと<お酒勝負>をしたら?

ぽち:飲む物が違うんですよね。テキーラとかだったら、ぽちはめちゃ飲めるんですけど、ハイボールを同じのをいっぱい飲むのは飲めないかもしれない。

── 一番好きなのは?

ぽち:好きなお酒は、最近はクライナーっていうちっちゃいショットがあって、それが一番好き。(※クライナーファイリング/イチジク味のリキュール)。お誕生日をメンバーが祝ってくれたんですけど、そのとき<クライナー・タワー>って<シャンパン・タワー>みたいなのをやってくれたんです。一緒に日付越してくれました。

── 未成年にはできないイベントですけど(笑)、素晴らしいですね。あと、何か告知はありますか?

ぽち623日の東京ドームシティホールを、CY8ERとサバイ族の皆と、新しくきっとサバイ族になってくれる皆とで埋めたいなと思っているので、それまで一緒にライヴに来てくれたりしたら嬉しいです。

── では、そういう感じでトークは終了となりますが、最後に一言。

ぽち:今日はこんなにたくさんの方が来ると思ってなくて、椅子に座れてない方もいるんですけど。たくさんの方に集まっていただけてうれしいです。まだ「IDOL AND READ」を読んでない方は、今日お家に帰ったらこのトークを思い出して読んでみてください。今日はありがとうございました。

(場内大拍手)

 

このあと、サイン会、チェキ会が行われた。

 


『IDOL AND READ 017』のご案内

  • IDOL AND READ 017
    購入する
  • IDOL AND READ 017

    A5判 / 224ページ / ¥ 1,296

    アイドルのリアルに迫ったロングインタビュー集。
    最新刊は、9月にアイドルグループZOCを立ち上げた、超歌手の大森靖子が表紙巻頭を飾る。
    「共犯者」という形で自らもメンバーになっているが、生ハムと焼うどんの西井や、ミスiDで爪痕を残した女の子を含め、強烈すぎる個性を持つお騒がせの6人が集まっているこのZOCの全貌を、大森靖子の口から完全解説。
    また、同じくZOCからは、今もっともバズっているアイドルであろう、少年院上がりにして、児童虐待や育児放棄問題に取り組むNPO法人を立ち上げた戦慄かなのも登場する。

    さらに、でんぱ組.incの根本凪、NMB48の太田夢莉、=LOVEの野口衣織、TEAM SHACHIの坂本遙奈、ばってん少女隊の上田理子、フィロのスのマリリ、じゅじゅのねう、CY8ERのぽち、ゴキ帝のいちほら、幅広いアイドルたちが全員パーソナルで登場し、ロングインタビュー+撮り下ろし写真で掲載。

    【CONTENTS】
    大森靖子 ZOC

    根本 凪 でんぱ組.inc

    太田夢莉 NMB48

    野口衣織 =LOVE

    坂本遥奈 TEAM SHACHI

    上田理子 ばってん少女隊

    奥津マリリ フィロソフィーのダンス

    ねう じゅじゅ

    小犬丸ぽち CY8ER

    白幡いちほ 劇場版ゴキゲン帝国

    戦慄かなの ZOC

特集・イベントレポート