2018年1月5日(金)書泉ブックタワーにおいて、病夢やみい(CY8ER)さんをゲストに迎えた『IDOL AND READ』第13弾の発売記念のトークショー&サイン会が開催された。司会進行はIDOL AND READ吉田編集長が担当。

今年はマンガとかで見たことがあるような年越しとお正月をしてみたいと思って過ごしました

──今日はお集りいただき、ありがとうございます。IDOL AND READ編集長の吉田です。では病夢やみいさん、拍手をもってお迎えください。

病夢やみい(以下やみい):新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今日はお集まりいただいてありがとうございます。

──やみいさんは今日が仕事始めということで、まずは去年の暮れから昨日まで何をしていたかを教えていただけますか。

病夢やみい(以下やみい):大晦日はすごく遅くまで寝ていて、夜遅くに起きました。

──それはオールナイトで年越しするつもりで?

病夢やみい(以下やみい):そうですね。友だちの家になんとなく集合して、なんとなく年越しそばを作って食べて、テレビで紅白とかお笑いの番組を見てお正月をして、朝まで大量にいただいた日本酒の「ひめぜん」を飲んで気持ち悪くなって帰宅して寝ました(笑)。

──アイドルになって初めての年が変わる瞬間を味わったんですよね。

病夢やみい(以下やみい):そうですね。

──今までは年末年始はアパレルの方で忙しかったわけですからね。

病夢やみい(以下やみい):販売が多かったので、年末は一番忙しい時期でした。棚卸しとかその年の締めの作業があって、終電で帰れないよぉ〜って、でもどうにか帰って、あまり寝ずに初売りを始める──というのが私の中のお正月だったので、今年は本当にマンガとかで見たことがあるような年越しとお正月をしてみたいと思って。

──ごく一般的なお正月を味わってみようと。

病夢やみい(以下やみい):アイドルとしては、年が変わっても変わらなくてもエゴサーチをして、みなさんをリストに入れさせてもらっているので、何してるのかな〜って見てます。“YOSHIKIカッコいい!”みたいな。


──紅白でX JAPANを見ているファンを監視して(笑)。それで2日から4日は?

病夢やみい(以下やみい):ほんとに恥ずかしい…。食べて飲んで寝てました(笑)。

──(笑)やみいさんは去年12月がとにかく忙しかったと思うんですね。12月9日にロフト9でやったソロイベント「やみこの部屋」の動画をTwitterに上げてる人がいて、それでやみいさんが歌ってるのは見たんですけど、振り返ると感想は?

病夢やみい(以下やみい):あまり覚えてないんですけど、夏終わりくらいにそのイベントをやると決めてから、ずっとその日のことを考えていたので、プレッシャーみたいなものがあったかもしれなくて。でも始まったらあっという間でした。

──あれ、トーク・ライヴみたいな感じだったんですよね?

病夢やみい(以下やみい):そうです、今日みたいな感じ。元々はツイキャスでやっていたものをイベントでやったんですけど、CY8ERの病夢やみいの前のyAmmyを皆に知っていただこうと。CY8ERから知っていただいた方が多いと思うので、それ以前の私について知っていただく機会を作らせてもらって、いろんな時代に縁のあるお友だちとか職場の店長さんとかをお招きして一緒にお話ししました。

──歌ったのはRadioheadとBiSHと米津玄師でしたっけ?歌上手いじゃないですか…って、歌手の人に言うのもなんなんですけど(笑)。

病夢やみい(以下やみい):(笑)ありがとうございます。

──でも、ちょっと前のTwitterに“自分の声がずっとコンプレックスだった”って書いていたじゃないですか。それなのに人前で堂々と歌えるっていうのは凄い度胸だなと思いました。

病夢やみい(以下やみい):堂々としてたかどうかは分からないんですけど、ネット上にちょっと家で歌ってるのを上げたりとかしたものに、“声が好き”って言ってくれる人がいて、すごくうれしくて。

──そのTwitterには“電車の中とかで喋り出すと周りの人が見たりするのが本当に嫌で”とも書いていましたけど、声、いいですよね。

病夢やみい(以下やみい):いや、変な声しているなと思います。

──基本的にあんまり声を張らないじゃないですか。

病夢やみい(以下やみい):そうなんです、張るのは今年の目標なんです。

──でもそれが綾波レイみたいな感じでカッコいいなと個人的には思ってるんですけどね。

病夢やみい(以下やみい):おお〜っ!うれしいです、ありがとうございます。

──褒め過ぎですかね。

病夢やみい(以下やみい):褒め過ぎです(笑)。

──あのときの選曲は?

病夢やみい(以下やみい):「クリープ」(Radiohead)は一回歌わないといけないと思って、あれは歌いたかったんです。それとアイドルの曲を一曲歌わせてもらおうとBiSHさんの歌を。

──BiSHはアイドルじゃなくて楽器を持たないパンクバンドです(笑)。

病夢やみい(以下やみい):そうなんです、結局バンドが好きなんだなと思ったんですけど。

──それで12月24日にはCY8ERの1周年記念の二部制ライブ“男祭り/女祭り”が六本木CUBEであって。

病夢やみい(以下やみい):女の子限定は可愛かったですね、もうそれに尽きます。コールとかを頑張ってしてくれるんですけど、も〜〜萌え死にそうな感じで、可愛かった。あと、いい匂いがして(笑)。

──やみいさんって女の子に好かれるタイプですよね。

病夢やみい(以下やみい):それはとてもうれしいです。

──かっこいい、奇麗って、女の子を惹き付ける人なんだなって思ってるんですけどね。でも1年半くらい前のミスiDの動画とかを見てると、これは言い方が悪くなっちゃうんですけど、なんか若返ってません(笑)?何か秘訣とかあるんですか?

病夢やみい(以下やみい):え〜〜〜っと、添加物をあまり摂らないように気をつけてます。健康のために気をつけてることはいっぱいあります。なるべく自炊をするとか、今日は何品目摂ったかな…とか。物を買うときは成分表示をちゃんと見るようにしてます。

──美容ってことではないんですね。

病夢やみい(以下やみい):そうですね、あとはストレッチが好き──とかそれくらいですね。二十歳のときに1年間くらい40代の人とかが使うSK-Ⅱって化粧水を使ってたんですけど、それが今効いてるのかな(笑)。

──今は特には?

病夢やみい(以下やみい):CY8ERを始めてから整体とか小顔矯正?とかを去年末くらいからちょっと始めてみたりとか。

──けっこうやってるじゃないですか。

病夢やみい(以下やみい):アイドルになってから色々と調べるようになりました。

──そして美を保っている。

病夢やみい(以下やみい):でも一番効くのは日本酒です。日本酒を楽しい仲間たちと、わはははって飲むと、次の日お肌がツルツルってことがすごく多いんです。

──ビールとか焼酎じゃなくて。

病夢やみい(以下やみい):そうですね、自分の中で統計をとっていくと猫ちゃんと遊んで日本酒を飲む組み合わせが。

──けっこう飲みます?

病夢やみい(以下やみい):量はあんまり飲めなくなりました。ペットボトル1本くらいの日本酒だったら一人で飲めると思います。

──おすすめの銘柄ってあります?

病夢やみい(以下やみい):どこでもある「景虎」という辛口のお酒が好きなんですけど、最近は「ひめぜん」というジュースみたいな甘いお酒にハマっています。

この後、この年末年始にやみいさんに起きた重大事件を初公開。時間がたくさんあったやみいさんは携帯のアプリなどで、ムダに払っているものがないかどうかを再チェック。結果2012年からプリクラのアプリに毎月320円を納めていたことが判明。この6年間で2万円強を課金していたことに落ち込んだそうだ。

──今回の「IDOL AND READ 013」ですけど、やみいさん、ちょっとぶっちゃけ過ぎてましたよね(笑)。で、取材した日の夜にTwitterで、“ちびやみいが今日成仏した”って書いていましたけど、話してすっきりしたってことですか?

病夢やみい(以下やみい):そうですね、誰かに聞いていただいたことで、上の方に消えて行くのが見えた感じがして。

──今回ここまで話してくれたのには、何か自分の中で決め手みたいなものがあったんですか?

病夢やみい(以下やみい):辛かった10代の頃、“万が一自分が何者かになれたときに、<自分だけにあなたの昔の出来事を教えてください>って言われたら話そう”と思ってたんです。IDOL AND READさんからお話をいただけたら、ご迷惑じゃなければお話しさせていただこうと思ってました。

──ありがとうございます。本を読まれた方から何か反響とかはありました?

病夢やみい(以下やみい):逆に、色々話してしまったので、本の発売後にいつも顔を合わせてるファンの方と会うと、“どうしよう…”って照れみたいな感じがあって。でも皆優しくて、何事もなかったかのように接してくれたのがすごいありがたかったです。

──お父さんとか弟さんはこの本を読んでたりしてます?

病夢やみい(以下やみい):いいえ、一切言ってないです。買ってくれて読んでるかもしれないですけど。

──お父さんはタトゥーのことは知ってるんですか?

病夢やみい(以下やみい):ファースト・タトゥーからすぐ報告しました。お父さんメタラーなので、耳の裏のファースト・タトゥーは、“そんな見えないとこに入れてどうするの、お金のムダだよ”って言われました(笑)。

──カッコいいですねお父さん(笑)。顔はお母さん似なんですよね。

病夢やみい(以下やみい):お母さんに似てきました。でもお父さんの血が強いのでちょっとずつ咳の仕方とか似てきたような(笑)。

──インタビューのときは時間が足りなくて聞けなかったので、今日はメンバーのことも聞きたいです。ましろさんに誘われてCY8ERに入ったので、ましろさんのことはインタビューでも話してたんですけど、他のメンバーのことを初対面のときにどう思ったかを聞かせてもらえますか。まずりなはむさん(苺りなはむ)から。

病夢やみい(以下やみい):最初、人間じゃないと思って、会話ができるかどうか不安でした。見た目も妖精みたいだし。なんていうか得体が知れなくて(笑)。

──事務所の社長なんですけど(笑)。

病夢やみい(以下やみい):そうなんですけど。ペガサスとかを最初に見た感じ。(場内に)わかりますよね?

──カリスマ性があって。

病夢やみい(以下やみい):そうです、そうです。

──ぼちさん(小犬丸ぽち)は?

病夢やみい(以下やみい):ぽちさんのことは性的な目で(笑)。たまらないなぁ〜って。

──自分が男だったら?

病夢やみい(以下やみい):たまらんなぁ〜〜。性格的な部分も含めて全て。

──性的な部分っていうのは?

病夢やみい(以下やみい):私の中のおじさんが頷いているって感じです。

──(笑)じゃ、アンナさん(藤城アンナ)は?

病夢やみい(以下やみい):透明感っていう三文字がどーんと浮かんできました。びっくりしました最初見たとき。会う前にInstagramのお薦めユーザーで見てお顔は知ってたんです。お人形さんみたいに奇麗で。だから怖い人かな…ってちょっと思ったんですけど、実際に会ったら優しいし、奇麗で可愛くて。

──そして、なぁたんコロ虫さん。

病夢やみい(以下やみい):なぁたんは、私の中ですごいアイドルっぽいと思っていて、面接のタイミングが一緒だったんです。だからどちらかが採用でどちらかが選ばれないんだろうなって思ってて、こんなにアイドルっぽい子がここにいるのであれば私は入れない──と思いました。サラサラの黒髪で肌が真っ白で、自分の中でのアイドル像にぴったりだったので。

──あ、もうけっこう時間が経ってしまったので、告知をやみいさんからお願いします。

病夢やみい(以下やみい):1月31日にアルバムが出ます。新曲と既存曲を現メンバーで歌ったものが入っています。10曲入のフル・アルバムです。ツアーは1月10日からスタートします。

──ツアーへの意気込みは?

病夢やみい(以下やみい):勝負!って感じですね。やるぞっていう気持ちで。

──ツアーの途中で主催イベントの「心拍数」もあるんですよね。

病夢やみい(以下やみい):1月19日渋谷wombで「心拍数三」を。

──その日はCY8ERの曲も作ってるYunomiさんも出るんですよね?

病夢やみい(以下やみい):この日を待っていたって感じです。バックDJで参加されます。

──わかりました、じゃ最後に一言お願いします。

病夢やみい(以下やみい):ツアーも始まります。世界を騒がす前に全国を騒がせたいと思いますので、みなさんご協力よろしくお願いいたします!楽しみましょう!どうもありがとうございました。

このあと、サイン会&チェキ会が行われた。

IDOL AND READ 012 のご案内

  • IDOL AND READ 013
    購入する
  • IDOL AND READ 013

    A5判 / 240ページ / ¥ 1,296

    今を駆け抜けるアイドルの生い立ちと本音にリアルに迫ったパーソナルロングインタビュー集『IDOL AND READ』。

    13号目となる今回は、2016年のデビュー以来、まさにとどまるところを知らない快進撃を続けている欅坂46の土生瑞穂が表紙巻頭を飾る。
    171cmの長身で知られ、モデルとしてランウェイを歩くこともある彼女は、最新シングル「風に吹かれても」でついにフロントメンバーに躍り出たが、その彼女の生い立ちと、今にたどり着くまでの欅坂46でのパーソナルストーリーを、2万字インタビューで追いかけた。ハタチを機に心機一転、髪をばっさり切り、それまでの自分をリセットしたという土生瑞穂の成長物語は、坂道ファンなら必読だ。

    また、裏表紙は、その欅坂46の妹グループとも言える、ひらがなけやきことけやき坂46の柿崎芽実。
    当時坂道グループ最年少で入り、漢字欅選任となった長濱ねると長らくダブルセンターを務めてきた彼女の生い立ちと、ひらがなけやきにかける熱い想いを、同じく2万字インタビューで聞いた。

    さらに、YouTuberとしても有名で女子力の高さから女子からも支持を集めているNMB48の吉田朱里、バンドじゃないもん!の望月みゆ、アイドルネッサンスの石野理子、BiSのペリ・ウブ、風男塾の瀬斗光黄など、メジャーから地下まで総勢12人のアイドルたちが登場し、完全パーソナルによるロングインタビューと撮り下ろしグラビアをそれぞれがボリューミーに掲載している。

    【CONTENTS】
    土生瑞穂 欅坂46

    柿崎芽実 けやき坂46

    吉田朱里 NMB48

    望月みゆ バンドじゃないもん!

    石野理子 アイドルネッサンス

    瀬田さくら ばってん少女隊

    マホ 純情のアフィリア

    ペリ・ウブ BiS

    けちょん ゆるめるモ!

    病夢やみい CY8ER

    なでしこ ヤなことそっとミュート

    瀬斗光黄 風男塾

特集・イベントレポート