20170131idolandread0094


「IDOL AND READ 009」の発売記念トーク&サイン会が、1月26日(木)プー・ルイ(BiS)を迎えてタワーレコード渋谷店にて開催された。司会は平賀哲雄氏が担当。

今BiSの中でプー・ルイさんの人気はどうなんですか?

プー・ルイ:ありがとうございます(満員の場内に)1人だからあんまり来てくれないかと思ったけど。
平賀:今BiSの中でプー・ルイさんの人気はどうなんですか?何番手?
プー・ルイ:日によりますけど、たまに悪くて3〜4番目くらい。「プー・ルイさんチェキ列(がほかのメンバーのチェキ列より先に)終わりますよ〜」って号令がかかる日もたまにあります。
平賀:どんな気分になるんですか、そんなときは。
プー・ルイ:…マジか!……ってなります。
平賀:一番キャリアも長いですし。横浜アリーナにも立ちましたしね。で、現在BiSはツアー(Re:STUPiD TOUR)で、懐かしの車中泊ツアーを行ってますけど。メンバーはどんな感じですか?
プー・ルイ:もうすぐ100キロ・マラソン(1月29日熱海をスタートし渋谷を目指す)なんでそっちに意識が行ってますけど、車中泊は三日目くらいが一番ガタが来てます。前回よりも微妙に辛いんですよ。
IMG_1420平賀:前回の方が辛そうなイメージですよね。
プー・ルイ:イメージはね。でも今回の方がスタッフさんがたくさん来てくれてるので車中が満席なんです。前は後ろの方にスペースがあったんですけど。
平賀:前の方が寝やすかったりもしたんだ。なんでそんなスタッフさんが多いんですか?
プー・ルイ:そこは渡辺さん(マネージャー)がちゃんとし始めたんじゃないですか。女性スタッフが2人います。
平賀:前みたいに電子ジャーを持って自炊して。
プー・ルイ:ご飯炊いて食べてますよ。今回インストア・ツアーで、名古屋の近鉄パッセのリリース・イベントでは楽屋があったので、そこで米を炊いてたら警備員に見つかって凄い怒られた(笑)。で、結局炊けなかった。
平賀:勝手にご飯炊いちゃいけないんだ。
プー・ルイ:衛生的な問題があるらしくていけないみたい。パッセの水で炊いて腹こわしたら…みたいな。タワーレコードの店長が謝りに来てくれて申し訳なかったです。
平賀:米炊けなかったときはどうすんですか?
プー・ルイ:名古屋だったんでペリ・ウブの実家に行って炊きました。「米だけ炊かせて」ってお母さんにお願いして(笑)。
平賀:スケジュールはタイトなんですか?
プー・ルイ:日によりますけど、めっちゃタイトな日は、朝9時からラジオの仕事をしてお店回りをして、もう一回ラジオに出てスタジオ入ってインストア・イベントして、ペリ・ウブの家に行って米を炊いて、それから風呂入らなきゃいけないから大変ですね。
平賀:風呂はどうしてるの?
プー・ルイ:スーパー銭湯。
平賀:前回と同様に車中泊ツアーはヘヴィにやってるけど、そのヘヴィにやってる感じが世の中に伝わってない。
プー・ルイ:そう、前のメンバーのときの方が辛そうですよね。そんな大して辛くないこともアイツら辛そうにしてたから。(場内爆笑)
平賀:あの悲壮感は演じてた可能性もあるってこと?
プー・ルイ:演じてはないけど、多分、辛いと思う人種。
平賀:すぐ辛くなっちゃう。そういう意味では今回のBiSのメンバーの方が頑丈で元気なんですかね?
プー・ルイ:良くも悪くも…。まぁ辛そうなときはありましたよ。
平賀:twitterとか見てるんですけど、メンバーの中に1人、悲壮感とか焦燥感どころか毎晩モノマネの動画を上げて楽しそうな人がいて。
プー・ルイ:あれも全然楽しくなくて、これは言っていいかどうかわかんないんですけど、時間がなくて、普通に生活してるときくらいの仕込みができなくて、キカ(キカ・フロント・フロンタール)が微妙なのを上げてたら、渡辺さんからメールが来たらしくて。“やらないのなら、今すぐ辞めろ”って。それでキカが悩んでてウジウジしてました。だったらやればいいじゃんって。
平賀:寒空の下でTM Revolutionみたいなのもありましたね。
プー・ルイ:あれはマイナス1度、しかもスーパー銭湯の入り口ですからね。

この後しばらくキカのtwitter話が続き、さらに以前のBiSでの車中泊ツアー最終日で突発的に起きた全裸ダイブ未遂&カミヤサキ(現GANG PARADE)乱闘事件などが語られた。

平賀:今回、そこまでギリギリのことが起きそうな気配はあるんですか?
プー・ルイ:あるとしたら100キロ・マラソン。前のBiSでもツアー最終日まで何も起こらなかったが故に起きた事件だったんで。
平賀:で、その100キロ・マラソンは時間とか発表されてるんですか?
渡辺:(ステージ下から)朝、熱海。
平賀:早朝の熱海から渋谷まで。前回のマラソンも熱海で、僕も行ってたんですけど、始まる前から料亭みたいな所で飲んで食べてて、これから100キロやるのにスゲエなぁって思ったのを覚えてます。
プー・ルイ:そのときは知らなかったんですけど、走る前は生魚食べちゃいけないんだって。私、次の日ウ◯チが止まらなくなって水みたいなのが出まくって。それまで100キロ・マラソン2回やってるけどそんなことなくて。調べたら走る前に生魚を食べると体の中に毒素が溜まるみたいで。

ウ◯チ話は後を引き、今回のツアーでも間に合わずに粗相をした話題が初お披露目され、さらに最近はBiSHやGANG PARADEにお株を奪われた感のあるマラソンや駅伝だが、先駆者は2012年のBiSであることなどが語られた。

平賀:プー・ルイが最初に100キロ・マラソンに出たことを知らない人も増えてきてますけど。
プー・ルイ:(情報として)残してないから。
平賀:リヴェンジのときは24時間?
プー・ルイ:29時間。
平賀:本来100キロ・マラソンってそれくらいキツいものなんですけど。今はどんな気分ですか?
プー・ルイ:あれは頑張って走るものですから、しかも限界を超えて。
平賀:しかも100キロ・マラソン未経験の他の4人。
プー・ルイ:みんな色々聞いて来るんですけど、「あたしもそんなプロじゃねえし」って。
平賀:みんなやる気まんまんなの?
プー・ルイ:全然、全然。ヤバいって感じ。
平賀:体力的なものはどうなんですか?他のメンバーは。
プー・ルイ:ないでしょう。合宿ではキカがダントツ1位で、ペリ・ウブはダントツのビリで、プー・ルイとアヤ(アヤ・エイトプリンス)、ゴ・ジーラがその真ん中。
IMG_1463平賀:ペリは35時間くらいかかりそうだって渡辺さんが言ってましたけど。
プー・ルイ:ヤバいですよ。翌日の30日(月)に映画がらみでアヤのトーク・イベントがあって、その最中にゴールする可能性がある…。それはアヤが嫌がってました。「初めて1人で話すイベントなのに、お前の方にスポットライトが当たる」って。(場内に向かって)基本30時間はみておいた方がいいですよ。
平賀:一緒に走る人は月曜日も休みをとっておいた方がいいですね。
プー・ルイ:ペリは厚底以外の靴買ったって言ってました。合宿のときは厚底で走ってたんですよバカだから。
平賀:練習は?そんな時間ないのか…。
プー・ルイ:してない、してない。だって発表されたのがツアーの最初ですよ。
平賀:まったく誰も長距離を走ることをせずに。
プー・ルイ:はい。
平賀:無理ですよ。
プー・ルイ:だって私最初の100キロ・マラソンのときも練習してない。
平賀:だからリタイヤして。リヴェンジのときは?
プー・ルイ:してない。してない。
平賀:これ、全員ゴールできなかったらどうなるんですか?リタイアとかしたら。
プー・ルイ:(渡辺マネージャーに)リタイアしたら脱退ですよね?
渡辺:脱退するつもりでやって欲しいよね、リタイアするつもりならね。(場内よりオオ〜ッと驚愕の声)走れないヤツいらないでしょ。
平賀:え〜〜そんな重い発表ここでしちゃう?
プー・ルイ:(場内に)つぶやいてね。
平賀:つぶやいたらホントになっちゃう。
プー・ルイ:いいじゃん、面白いから。もう這ってでもゴールするしかないじゃないですか。
渡辺:這ってでもゴールして欲しいよね。
プー・ルイ:今、BiSが一番ヤバいから、這ってでもゴールするくらいしないと、(状況は)もうひっくり返らないよ。
平賀:元々そういうやんちゃなことをやるというのがBiSの強みだったじゃないですか。いわゆるエモいって言われるようなことをたくさんするっていうのが。今それを後輩のグループに取られちゃってる感は確かにあるかもしれない。
プー・ルイ:まぁね…、うち辞めないから。
平賀:でも、100キロ・マラソンをリタイアすると自ずと解雇の可能性があると。すげぇ暗い話になっちゃいましたけど、頑張って欲しいですね。
プー・ルイ:ちょっと楽しくないですか、それ。
平賀:見る側からしたらそのヒリヒリする感じは楽しいっていうのはあるじゃないですか、でも本当に応援している人からすれば。
プー・ルイ:でも、走ればいいんだからさ。走っても脱退とは言ってなくて、走りきればいいんだから。
平賀:こう言ってて、プー・ルイが走りきれなかったら一番ウケますけどね(笑)。プー・ルイ脱退!って。
プー・ルイ:たしかに。

あの頃のBiSが戻って来た、やはりBiSはBiSの血に抗えない

平賀:ま、プー・ルイさんは何時間かけても走るんで、みなさん応援してあげてください。この「IDOL AND READ 009」でもプー・ルイが新メンバーに、「もっとBiSを知りなさいとか、もっと理解しなさい」って言ってるというエピソードがありましたけど、結構そのための策でもあるんですよね100キロ・マラソンとか車中泊とか。
プー・ルイ:そう、なんでこうなってしまったかっていうのは、そこにあるんですよね。「BiSがよくない」といういろんな所からの評判があって、それが4ヶ月経っても変わらないから、なんとかしなきゃいけないっていう話からのことで。だってインタビュー見ても彼女たちは分からないから、放り込むしかないじゃないですか。
平賀:実際に体験してもらうしかない。いやぁ、「あの頃のBiSが戻って来た感」に僕は戸惑ってますけど。
プー・ルイ:だから次に何が起きるか、この流れで行くと内部騒動が起こるかもしれないし、アイドル騒動が起こるかもしれないし。
平賀:だから、なんかこのままじゃヤバいなぁって感覚はプー・ルイの中にもあるんだ。
プー・ルイ:絶対ありますよ、ヤバい空気しかないです。
平賀:なんか明るく楽しそうな現場だなって雰囲気はあるんですけど。
プー・ルイ:だから、それがヤバいんですよ。(他のメンバーは)ヤバいと思ってないもん。
平賀:前のBiSは凄い焦燥感とかあって、いっぱいの屍の上を這い上がっていったっていうストーリーだから、それはもう止めるって話をしてたじゃないですかこの本「IDOL AND READ 009」で。
プー・ルイ:そのインタビューが11月くらい。でもそれから3ヶ月経ってもヤバいから、屍を作るしかない。(場内驚愕)最初は渡辺さんも「変なことはさせない」って言ってたけど。
平賀:やっぱりBiSはBiSの血に抗えないですね。でも元々BiSは「このままじゃヤバいなぁ」じゃない時期がなかったグループじゃないですか。
プー・ルイ:でも今、その「ヤバいな」感が「ヤバくないヤバいな」なんですよ。脱退とかあったらヤバいなって言えるじゃないですか、でも単純にヤバいんですよ。
平賀:このままじゃ売れなくて解散する的な。
プー・ルイ:そうそうそう。このままじゃ上手く行かないっていう漠然とした「ヤバいな」。GANG PARADEの「ヤバいな」だったらめっちゃ分かりやすいじゃないですか、メンバー脱退とか。そういうんじゃないから。
平賀:じゃあ逆に言うとそういう展開を望んでるの?
プー・ルイ:はい。もうこうなったら。
平賀:そっかー、人ってやっぱり変わるね。
プー・ルイ:すぐ気分で変わる。
平賀:この本のインタビューを読んで安心した人も多いと思うんですよ、「プー・ルイも大人になったな」って。実はそんな悲しい事件とか起きずに楽しくみんなでハッピーに上にあがって行くんだと思って。
IMG_1504プー・ルイ:でも何かが起こって、すごくいい空気になれば起こす必要はないと思う。
平賀:今の所起きないからとりあえずあの頃やったイベントをやってみようと。
プー・ルイ:これをやってみんなの意識が変われば、それでよかったってハッピーに進んで行けるけど。今、岐路に立たされてますよね。
平賀:今日のこのトーク・イベントは「前のBiSのようにはしたくない、こういうBiSにするんです」っていう話をプー・ルイがドーンと言って、ワーってなるのをイメージしたんですけど、真逆でしたね。
プー・ルイ:今のメンバーは面白いんですよ、喋ってたら変だし。ペリ・ウブはコートの下は裸で外歩いてたし。私からしたら、その面白いのが出てないのが悲しくもあるし。もっと出ていって「ペリ大好き、キカ大好き、アヤ大好き、ゴ・ジーラ大好き」っていう人が増えて欲しいなって言う気持ちもあるから、そのための、良く行く方向の100キロ・マラソンになればいいなって思ってる。
平賀:2017年のBiSはどうなっていくイメージなんですかプー・ルイさんの中では。
プー・ルイ:100キロ・マラソン次第でしょうね。
平賀:そこで全部決まる。
プー・ルイ:この後他にもあるとは思うんですけど、だけど、それがちゃんと見せられるかどうかによって、ハッピーに行くのかどんどん落ちていくのか、脱落者が出てくるのか、そういうのはすごく変わりそうですけど。
平賀:そのきっかけのトーク・イベントになってしまったようですが。
プー・ルイ:ちょっと日にちが悪かったよね。車中泊の前だったら。
平賀:もっと夢と希望を語れたかもしれないけれど。絶望手前のところで踏ん張るってとこですかね。さて、時間がきてしまったんですが、プー・ルイさん的には研究員のみなさんにはBiSをどんな風に応援して欲しい…ってあります?
プー・ルイ:楽しんで欲しい。
平賀:その全部をね。
プー・ルイ:今、ひどいことをいっぱい言ったんで、「全部を楽しいんで欲しい」ってチョー言い辛かったんですけど、それすらを楽しむのがBiSだったし、ライヴとかも一緒に盛り上げて行く感じとか凄いBiSらしかったので、こっちからレベルを上げてみんなを引っ張って行けるようにしなきゃいけないなって思います。
平賀:あの頃のスパークした感じをもう一回作らなきゃいけないって感覚で。
プー・ルイ:そう、それはありますね。
平賀:そうしないと前のBiSを超えるのは難しいかもしれないし。じゃ、100キロ・マラソン楽しみにしてます。最後に意気込みをひと言。
プー・ルイ:100キロ・マラソンの意気込みですか?ええぇ〜〜、脱退するのかなぁ。
平賀:現場行くの、ちょっとイヤになってきてます(笑)。100キロ・マラソンの模様は配信しますよね。
プー・ルイ:渡辺さん、しますよね。
渡辺:………。
平賀:分かんないらしい(笑)。是非、みなさん現場に来てください。今後のBiSもどうなるか分からないところも含めて、注目していただきたいと思います。じゃトーク・イベント以上になります、ありがとうございました。
プー・ルイ:ありがとうございました。

この後、サイン会が行われた。

IDOL AND READ 最新刊のご案内

  • IDOL AND READ 009
    購入する
  • IDOL AND READ 009

    A5判 / 240ページ / ¥ 1,320

    今を駆け抜けるアイドルの本音と本当が詰まったパーソナルロングインタビュー集『IDOL AND READ』の第9弾。
    今回の表紙巻頭を飾るのは、この本が発売されるのと同じ12月21日にベストアルバム『WWDBEST~電波良好!~』をリリースする、でんぱ組.incの絶対神、古川未鈴だ。
    本誌創刊号では波乱の生い立ちを中心に聞いたが、2回目の登場となる今回は、まさに「マイナスのスタート」から世界に飛び出たでんぱ組.incのヒストリーを、本誌過去最長の全36p、2万3千字インタビューで語ってもらった。

    そして裏表紙は、これまた創刊号で表紙を飾って以来の登場となる、BiSのプー・ルイ。
    前回は旧BiSの解散発表直後に話を聞いたが、今回はついに始動した新生BiSについて、その誕生から野望までを聞いた。
    さらに、元アイドリング!!!で現在マジカル・パンチラインで活動している佐藤麗奈、MVがYouTubeで1,700万再生を越え世界的に話題のThe Idol Formerly Known As LADYBABYから弱冠16才のカリスマ黒宮れいなど、今回も全12人のアイドルがすべてパーソナルで、ロングインタビューと完全撮り下ろしグラビアで掲載。

    【CONTENTS】
    古川未鈴 でんぱ組.inc

    プー・ルイ BiS

    佐藤麗奈 マジカル・パンチライン

    黒宮れい The Idol Formerly Known As LADYBABY

    中川美優 まねきケチャ

    ハシヤスメ・アツコ BiSH

    雨宮伊織 妄想キャリブレーション

    根本 凪 虹のコンキスタドール

    今田夢菜 PassCode

    如月愛海 ぜんぶ君のせいだ。

    カミヤサキ GANG PARADE

    コショージメグミ Maison book girl

特集・イベントレポート