ギターで作曲する ロック&ポップス(CD付)<シンコー・ミュージック・ムック>

ギターで作曲する ロック&ポップス(CD付)<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,650 (本体 1,500+税)

発売日 2011/3/17
著者 河野和比古
発行元 エス・アンド・エイチ
サイズ B5変型判
ページ数 100ページ
ISBN 978-4-401-74853-2
オプション CD付

現在のロック&ポップスの多くの楽曲はギターで作られているといっても良いだろう。そんな中、ギターで作曲をしようという人に、ギターならではのリフの作り方やその実例、バッキングからメロディーを作っていく手法を解説します。

CONTENTS
【STEP 1:ロック&ポップス作曲の基本となるダイアトニック・コード】
●7つの基本コードを覚えよう
●ロー・コードを覚えよう
●ロー・コードの効率の良いチェンジ
●曲の始め方/メジャーとマイナーの違い
●ダイアトニック・コードをパワー・コードのロックな響きで弾こう
●ハイ・ポジション・コードの覚え方
●コード進行の作り方・基本1/7つのコードを3種類に分ける
●コード進行の作り方・基本2/伝統的な進行・ケーデンスの3パターン
●コード進行の作り方・基本3/代理コードでオリジナルにリメイク技
●コード進行の作り方・基本4/ロック・ポップス特有の3パターン
コラム:思いついたらすぐ記録しよう~曲作りに便利な道具(ハンディー・レコーダーやMTR)

【STEP 2:メロディーを作ってみよう スケールの使い方】
●基本となるスケール・ポジションを覚えよう
●メロディーを作ろう!
●シンプルなメロディー/「ドミソ」を強調してメロディーを作る
●「チョーキング」を武器にカッコいいフレーズを作ってみよう ペンタトニック・スケール
●コード感のあるメロディーを作る/「シファ」の使い方
●コード・トーンを覚えてメロディーを作る
コラム:コード・ネームのCやDmの記号の意味は?

【STEP 3:曲の構成を練って1曲作ってみよう】
●曲を作る前に
●イントロを考えよう
●Aメロを作る
●Bメロ定番のコード進行とメロ
●サビ Cメロを作る
コラム:曲によって変わる12のキー ローマ数字が表すコード進行/キーを変える方法

【STEP 4:即使える作曲のネタ帳でオリジナルをステップ・アップ!】
●グルーヴィーな16ビート曲
Aクリーン・トーンのアルペジオ
BはGコード・スタートで雰囲気を変えてみよう
サビはミドル・ポジションで作ろう

●定番のアルペジオ進行
オン・コードとadd9(アド・ナインス)
4和音のコード

●ハイ・ポジションのフルコード・バッキング
●部分転調でロック・バラード(FmやB♭コードについて)
●ハード・ロック風にCマイナーの部分転調を使う
●ハード・ロック風なソロ
●マイナーをより劇的に聴かせるスタイル
イントロとサビのパターン
E7~Amのメロディーの作り方
Aセクションのバッキング
マイナー9thコードについて
オクターブで弾くBセクション

●「上手い感じ」を出す聴かせるフィルイン・リフと王道の変化形
コラム:作曲のヒント

【実証レパートリー】
「ありがとう」いきものがかり
「涙」FUNKY MONKEY BABYS
「栄光の架橋」ゆず
「桜坂」福山雅治
「キセキ」GReeeeN
「C7」GO!GO!7188

※付属のCDには、本書内に掲載されているCDマークのある譜例の演奏が収録されております。

購入はこちら

ギターで作曲する ロック&ポップス(CD付)<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,650 (本体 1,500+税)

Amazonで購入する