Acoustic Guitar Book 54<シンコー・ミュージック・ムック>

Acoustic Guitar Book 54<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 2,090 (本体 1,900+税)

発売日 2022/02/16
サイズ A4変型判
ページ数 112ページ
ISBN 978-4-401-65146-7

アコースティック・ギターと電気
STUDY OF ACOUSTIC-ELECTRIC GUITAR

いまさら人に訊けないエレアコの大基本を総括する

「アコースティック」とは本来、電気を使わない楽器のことを意味する。つまり、かつては「生音で奏でるギターをアコースティック・ギター」、「電気の力を借りて大音量化したギターをエレクトリック・ギター」と呼んで、この2つを明確に区別してきた。しかし、今や市場に投入されるアコースティック・ギターのほとんどがエレクトリック・アコースティック——いわゆる「エレアコ」に括られるタイプだ。ピックアップを搭載し、鳴りを電気的に増幅することで、エレクトリック・ギターにも匹敵する大音量を実現する工夫が施されている。本来の意味からすると「電気で動かすアコースティック・ギター」という言い回しは、大きな矛盾を孕んでいると言わざるを得ないが、今やそんな楽器の方がむしろアコースティック・ギターのメイン・ストリーム。当たり前になってしまっているが故に、我々は「エレアコ」という楽器に関してあまりにも鈍感になってしまっていないだろうか?
今やエレアコは単にアコースティック・ギターにピックアップを取り付けてエレクトリック化しただけの楽器ではない。長年に渡る研究開発を経て、純粋なアコースティック・ギターとも、エレクトリック・ギターとも異なる「第三のギター」と呼んで構わないほどの存在感を確立しているのだ。今回はそんなエレアコの世界を、その登場から現在に至るまで駆け足で検証していきたい。

【CONTENTS】
[特集1]
アコースティック・ギターと電気
STUDY OF ACOUSTIC-ELECTRIC GUITAR
現代のエレアコ事情を総括する

#01 エレアコの歴史を紐解く
#02 最新モデルで知るエレアコの構造
#03 最初期のエレアコ
#04 オベーションという革命
#05 生鳴りを電気に変換する仕組み
#06 ギターの鳴りとは何か? 
#07 外付けプリアンプ/DIの役割
#08 最新型エレアコ試奏レビュー 〈レビュアー:井草聖二〉
#09 ギターの進化とミュージシャンへの関係
#10 ピックアップを取り付けよう!
#11 一流メーカーに聞くPU作りの情熱
#12 アコースティック・ギター用PUコレクション
#13 プロ・ミュージシャン意識調査(アンケート)
#14 [Special Interview]高早楽器技術
#15 最新型プリアンプ試奏〈レビュアー:松井祐貴〉

[特集2]
INTO THE LEGENDARY ACOUSTIC MUSIC
アコースティック・フュージョンの世界

Interview
西山隆行
田中彬博
夜久一

[Hardwear]
特別企画
打田十紀夫×森中 巧
モーリス・ギターの愛用者と製作者が対談

Naga Guitars
著名プレイヤー&ルシファーが監修する新ブランド

Yamaha SILENT Guitar 20th Anniversary
発売20年を迎えたサイレントギターを分析

Maton EBG808 Artistを深掘り!
プレイヤー支持率No.1の代表モデルの魅力とは?

Takamine 60th Anniversary Model
60年の節目に作られたスペシャル・モデルを分析

NEW PRODUCTS CHECK UP
新製品レビュー〈レビュアー:堀尾和孝〉

Shop Report
アコースティックプラネット
御茶ノ水の名店が新店舗へ移転

特別企画
Michael Kaneko×マーティン・ギター
新進気鋭のSSWがマーティンのエレアコを吟味

Baby Dolphin Beluga
構想8年の果てに完成した斬新なミニ・ギター

[Guitar Score]
リー・リトナー「リオ・ファンク」〈完コピー譜〉
アール・クルー「ダンス・ウィズ・ミー」〈完コピー譜〉
井上あずみ「めぐる季節」(『魔女の宅急便』より)〈ソロ・ギター・アレンジ譜〉
薬師丸ひろ子「Woman“Wの悲劇”より」〈ソロ・ギター・アレンジ譜〉

新着ニュース&イベント情報
編集Kのもっとアコギ作りがうまくなりたい [第14回]
編集後記

購入はこちら

Acoustic Guitar Book 54<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 2,090 (本体 1,900+税)

Amazonで購入する