THE EFFECTOR BOOK Vol.51<シンコー・ミュージック・ムック>

THE EFFECTOR BOOK Vol.51<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

発売日 2021/03/15
サイズ AB判
ページ数 112ページ
ISBN 978-4-401-65051-4

特集1:Power Supply
電気がなければ音は出ない!

前号で大量のオーヴァードライヴ・ペダルを試奏しながら、薄っすら感じていたのが「電源によって音が変わるよなあ」という点。特にアナログ回路で組まれたオーヴァードライヴのようなエフェクターは、電気の質によって出音が変わってくるのは間違いありません。
例えば、9Vジャストを突っ込むのか、新品の電池に近いとされる9.6Vを供給するのか……電圧が0.5Vでも違うと、その僅かな差が音の違いとなって如実に現れたりします。ああ、なんてマニアックな世界!(笑)
でも、これはプラシーボなんてレベルじゃなく、試せば割と誰でも感じ取ることができる違い。
音色に敏感たることが求められる現代ギタリストは、遂に電圧まで考慮しなければならない領域に突入してしまったのです(泣)。でも、そこに気がついてしまったのであれば、検証しないわけにはいきません。よって、今回は「パワー・サプライ」を徹底的に研究。

人類の偉大なる叡智の結晶たる大切な電気を有効活用すべく、50ページの大特集で「電気とエフェクターの関係」を深く掘り下げます!

【CONTENTS】
[Pedal Board Profiling]
スチュアート・ブレイスウェイト(Mogwai)

[Specials]
SYU × VeroCity Effects
ギタリスト自ら理想のブースター回路を設計

[Specials]
Universal Audio
大注目のストンプボックス型シリーズを分析

[特集1] Power Supply
電気がなければ音は出ない!

■[Analysis] 現行パワー・サプライ試奏分析
■[Interview] 林 幸宏(FREE THE TONE)
■[Interview] グレッグ・ストック(Strymon)
■[Interview] 伊藤善浩(Vital Audio)
■[Interview] Kiyoshi Sasaki(Xotic Effects)
■[Interview] 西田修大が“電源と音色の関係”に悩みまくる理由
■[Enquete] 楽器店スタッフ&ビルダーが考える「電源と音色の関係」
■[Interview] 坂本夏樹がオヤイデ電気の本多氏と理想のDCケーブルを探求
■[Catalogue] 現行パワー・サプライ周辺機器カタログ
■[Setting Guide] “Riot”を100%鳴らす電源選び(坂本夏樹)
■[Tutorial] 電源機器の用語解説
■[Tutorial] パワー・サプライの動作原理
■[Tutorial] エフェクターと電源の密なる関係性(SPIさいとう)
■[Tutorial] 日本の“電源事情”を考えてみよう!
■[Tutorial] ピュアオーディオ界からの提言
■[Setting Guide] 電池切れの状態こそ音が良い……は本当か?(BENIMARU)
■[Setting Guide] 18V駆動はペダルの潜在能力を引き出す?(Jake Cloudchair)

[特集2] Voodoo Lab
ペダルボードを支えるミラクル・パワー

[新製品紹介] COMING UP NEXT NEW PRODUCTS REVIEW

[インタビュー] Builder’s Voice
One Control
Empress Effects

新製品インフォメーション

[連載] Whatever cool with me
さいとうさんに聞いてみよう(Soul Power Instruments)
世界のマニアックさんたち、こんにちは(きになるおもちゃ)
音の正体(布施雄一郎)
BENIMARULABO[出張版](BENIMARU)
試奏動画の裏側から(川村健司)
なんばの楽器店からキラーパス(兼政拓実)
マニアの極北(細川雄一郎)

購入はこちら

THE EFFECTOR BOOK Vol.51<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

Amazonで購入する