CROSSBEAT Special Edition フェアポート・コンヴェンション featuring リチャード・トンプソン<シンコー・ミュージック・ムック>

CROSSBEAT Special Edition フェアポート・コンヴェンション featuring リチャード・トンプソン<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,944 (本体 1,800+税)

発売日 2017/09/19
著者 五十嵐 正(監修)
サイズ A5判
ページ数 200ページ
ISBN 978-4-401-64520-6

1967年のデビュー以来、リチャード・トンプソン、サンディ・デニーなど、数多くの才能を輩出。
ブリティッシュ・フォークの枠を越えて多大な影響を音楽シーンに与えてきたフェアポート・コンヴェンション。

歴代主要メンバーのインタビュー、アルバム評はもちろん、各メンバーのソロ活動も紹介。ファミリー・ツリーそのものが現代英国フォーク・ロック史の根幹を成すと言っても過言でない彼らの歩みを、膨大なテキストを盛り込んで検証します。

そして後半では、新作と発掘映像作品が相次いでリリースされるリチャード・トンプソンを、インタヴュー&アルバム評で徹底特集。今も一線で活躍を続け、若手からも尊敬を集めるギタリストのキャリアを総括します。

【CONTENTS】
結成50周年記念ニュー・アルバム『50:50@50』
未発表音源満載のボックス・セット『Comin All Ye : First Ten Years』
リチャード・トンプソンのアコースティック・シリーズ新作が登場
待望の発掘!! リチャード・トンプソン「ライヴ・アット・ロック・パラスト1983&1984」
最新インタヴュー①:サイモン・ニコルが振り返る50年の歩み
最新インタヴュー②:デイヴ・ペグ&クリス・レズリー
ヒストリー:メンバーが出会った1966年から現在までの軌跡

[Part 1] FAIRPORT CONVENTION 1968-1972
伝統音楽とロックの出会い。英国フォーク・ロックを確立した革命期
アルバム・レヴュー

[Part 2] FAIRPORT CONVENTION 1973-1979
メンバー交代を繰り返しながら活動を継続した第2章
インタヴュー:トレヴァー・ルーカス&サンディ・デニー(1974年)
証言:1974年に目撃した初来日公演の全貌
アルバム・レヴュー

[Part 3] FAIRPORT CONVENTION 1980s-2010s
緩やかな継続を経て、本格的に活動を再開して以降の歩み
アルバム・レヴュー
インタヴュー:デイヴ・ペグ(1995年)

[Part 4] SOLO WORKS
主要メンバーのソロ活動、関連プロジェクトを改めて再検証
最新インタビュー:リンダ・トンプソンが語るサンディ・デニーの想い出
アルバム・レヴュー
スウォーブとリック・サンダーズ――フェアポートの歴代フィドラー
ayuoが語るデイヴ・マタックスとのレコーディング

[Part 5] RICHARS THOMPSON
リンダとのデュオ期を含む全ソロ・アルバムを徹底ガイド
ヒストリー:生い立ちと、多様性に富むソロ活動
アルバム・レヴュー
インタヴュー①:1987年
対談:リチャード・トンプソン×ロジャー・マッギン(1992年)
インタヴュー②:1997年
インタヴュー③:2006年
インタヴュー④:2010年

[Part 6] Children Of FAIRPORT CONVENTION
特集:フェアポートの精神を受け継いだアーティストたち
最新インタヴュー:デヴィッド・イタルゴ(ロス・ロボス)が語るフェアポートの魅力
オファ・レックス:ディセンバリスツ+オリヴィア・チェイニーの英国フォーク探究プロジェクト
ディスク・セレクション:フェアポート・チルドレン20選
青木和義が語るフェアポート・コンヴェンションの影響

購入はこちら

CROSSBEAT Special Edition フェアポート・コンヴェンション featuring リチャード・トンプソン<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,944 (本体 1,800+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています