MUSIC LIFE Presents デュラン・デュラン<シンコー・ミュージック・ムック>

MUSIC LIFE Presents デュラン・デュラン<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,944 (本体 1,800+税)

発売日 2017/09/14
サイズ B5判
ページ数 176ページ
ISBN 978-4-401-64510-7

9年振りの来日が決まったデュラン・デュランのムックを緊急発売。

14年振りとなる日本武道館公演も開催される日本ツアーの直前に発売するこの本には、メンバー全員最新インタビューを掲載。さらにミュージック・ライフだからこそ撮ることができたなつかしの写真、秘蔵写真を中心に近影までを網羅。

ヒストリー、ディスコグラフィ、インタビュー、音楽性からキャラクター、各種データまで、読み物も充実。
今なお第一線で活躍するデュラン・デュランの魅力の全てが詰まった決定版です。

【CONTENTS】
最新インタビュー
9年ぶりの来日、14年ぶりの武道館!! メンバー全員取材

スペシャル・インタビュー
今泉圭姫氏が語るデュラン・デュラン

写真で振り返る
DURAN DURAN in JAPAN 1982

朝から夜まで大追跡
DDの2週間㊙スケジュール大公開(1984年来日)

HISTORY① 1978⇀1985年
HISTORY② 1986⇀1992年
HISTORY③ 1993⇀2000年
HISTORY④ 2001⇀2009年
HISTORY⑤ 2010⇀2017年

INTERVIEWS
1981年 プラネット・アースに降り立ったグラビアの美少年
1982年 「日本で一番びっくりしたのが、タクシーの追いかけっこ」
1984年 「英国民は僕らがどこで何をしているかを知り尽くしている」
1987年 「新しいバンドで新しいスタートを切る、という感じだった」
1989年 「それぞれが他の二人を必要としていることを認めなくちゃ」
1990年 「誰かを愛しているならば、自由にさせてあげなければ」
1993年 「ものごとが起こるには必ず何かの理由がある」
1996年 「僕にはフラストレーションはなかった」
2014年 「DDの影響下にあるバンドの活躍は、僕らに自信を与えてくれた」
2015年 「『ペイパー・ゴッズ』は、ある意味では自伝的な内容かもしれないね」

DISCOGRAPHY

スペシャル・コラム
①ニュー・ロマンティックとは何だったのか?
②全米チャート制覇への道
③時代の空気を取り入れながら進化するサウンドの素
④“スタイリッシュなエロス”と“エキゾチシズム”~こだわりの映像

あの頃―私とデュラン① 山本さゆり
あの頃―私とデュラン② 矢口清治
あの頃―私とデュラン③ 東郷かおる子

購入はこちら

MUSIC LIFE Presents デュラン・デュラン<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,944 (本体 1,800+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています