ロック・ジェット Vol.67<シンコー・ミュージック・ムック>

ロック・ジェット Vol.67<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,296 (本体 1,200+税)

発売日 2016/12/02
サイズ A5判
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-401-64380-6

SPECIAL EDITION
ローリング・ストーンズ
ブルー&ロンサム

鮎川 誠(シーナ&ロケッツ) インタヴュー
『分かっとるばい』と信頼し合ってさ。ミック・ジャガーが歌いたい歌を、キース・リチャーズがやりたかった曲をやっている

筌尾 正(Xレイテッド・ムービーズ) インタヴュー
次はロックンロールのカヴァー・アルバムを

片山“Brian”健雄 インタヴュー
これはローリング・ストーンズのアルバムなんだけど、ミック・ジャガー色の強いものですよね。
かといって、ミック・ジャガーのソロ・アルバムの感じはなく、ローリング・ストーンズのバンド・サウンドが輝いている。しかも、僕のようなブライアン・ジョーンズ・ファンも楽しめるものになっている。素晴らしいアルバムですね

KOTEZ インタヴュー
全曲そうですけど、音が尖っていますよね。若い人にはこれはできないな、と思いました。

延原達治(ザ・プライベーツ) インタヴュー
ライトニン・スリムが入ったから胸がいっぱい

真鍋 崇(ザ・ニートビーツ) インタヴュー
ローリング・ストーンズはすべての曲を憧れでやっている

流賀良志彦(イージー・ウォーカーズ) インタヴュー
最高のローリング・ストーンズ入門編

青春真っただ中、驚異のブルース老人集団

極上のブルース・バンドに乾杯!

ローリング・ストーンズの原点回帰にして2度目のデビュー・アルバム

影山に聞け
スティール・ホイールズ・ツアー以来のチケットについて

ローリング・ストーンズのオリジナル・アルバム解説
≪ブルー&ロンサム≫に至る道

片山“Brain”健雄 インタヴュー
私はどうしてシタール奏者になったのか
ブライアン・ジョーンズをめぐる旅

キンクス物語(第4回) 妄想家レイ・デイヴィスの逆襲

祝・ノーベル文学賞受賞!
歌詞を味わいたい、ボブ・ディランの12曲

ロックンロールの達人、ジョージ・ソログッド

クイーン+アダム・ランバートを観た
ショー・ウィル・ゴー・オン! 2016年9月22日、日本武道館

小暮武彦 インタヴュー
音楽は楽しい、という事を一番大事にしたかった

小暮武彦のニュー・アルバム≪惑星にて≫を聴く

龍之介 インタヴュー
15周年というゴールを定めて、しっかりとゴール・テープを切ったんだという記録を残したかった

[FUJI ROCK FESTIVAL 2016]
祝・オレンジ復活

「AIR JAM」
世代とパンクの精神ために、Hi-STANDARDは戦う決心をした

[マーク・ボラン追悼]
GLAM ROCK EASTER Vol.30を観た秋間経夫のマーク・ボランへの想いに引き寄せられて

WEEKEND Café
人生、波乱万丈。旅は一期一会

HARRY TOUR 2016 “TURNING TIME AROUND”

購入はこちら

ロック・ジェット Vol.67<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,296 (本体 1,200+税)

Amazonで購入する