THE DIG Special Edition ボブ・ディラン ザ・カッティング・エッジ 1965-1966<シンコー・ミュージック・ムック>

THE DIG Special Edition ボブ・ディラン ザ・カッティング・エッジ 1965-1966<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,728 (本体 1,600+税)

発売日 2015/11/11
サイズ A5判
ページ数 196ページ
ISBN 978-4-401-64236-6

最新ブートレッグ・シリーズで歴史的3作品の裏側公開。
全曲解説を軸に、60年代ディランの6枚組を徹底検証!
ボブ・ディランの恒例お蔵出し作品集“ザ・ブートレッグ・シリーズ”第12弾『ザ・カッティング・エッジ1965-1966』が、6枚組と2枚組の2フォーマットで発売に。同作では『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』『追憶のハイウェイ61』『ブロンド・オン・ブロンド』という「ロック史に燦然と輝く」級の名盤3枚、そのスタジオ・セッションでのアウトテイクが100曲以上も一気に大公開! しかもあの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」はディスク3丸ごと使って20のテイク違いを収録という鬼仕様! 本書ではその全曲検証はもとより、参加ミュージシャン解説、65年当時の長尺記者会見の完全版をテキスト化、関係者インタヴューなどなど盛りだくさん。オフィシャルサイト「bobdylan.com」で限定発売の同作の18枚組仕様についても全トラック・リストを掲載、運が良ければその全曲解説(379トラック!)や当時のインタヴューも…!?

【CONTENTS】
1965年ロックに転じたボブ・ディラン
オリジナル・アルバム・ディスコグラフィ:1965-1966
『ブリンギング・イット・オールバック・ホーム』1965
『追憶のハイウェイ 61』1965
『ブロンド・オン・ブロンド』1966

ザ・ブートレッグ・シリーズ第12集
ザ・カッティング・エッジ 1965-1966全曲解説
ザ・ベスト・オブ・カッティング・エッジ 1965-1966

セッションに参加したミュージシャン
アル・クーパー
マイク・ブルームフィールド

ディラン・スピークス!
1965年12月3日サンフランシスコ、記者会見全文

ブートレッグ・シリーズ再々訪~デモ/アウトテイク編

次作、シリーズ第13集は何だ?
書籍『幻のアルバム』より『Blood On The Tracks』

トーキング・アバウト・ボブ・ディラン
関係者・評者が語る『ザ・カッティング・エッジ』の時代のボブ・ディラン

パート0[総論]
自伝が一番嘘くさい!

パート1[映画]
『ドント・ルック・バック』とビジュアル・イメージから

パート2[監督]
D.A.ペネベイカー・インタヴュー

パート3[ルーツ]
ディランはフォーク・シンガーにあらず

パート4[裏舞台]
ジョー・ボイド・インタヴュー
~ニュー・ポート・フォーク・フェス 1965の裏舞台!

パート5[サイケ]
ディランとサイケどっちが先か

パート6-その1[ファクトリー]
ジェラルド・マランガ・インタヴュー
~ウォーホルとディランの残念な邂逅

パート6-その2[ゴジラ対モスラ]
本質的には似た者同士、のはず

なんでもベスト10×10

CD18枚組『ウルトラ・デラックス・コレクターズ・エディション』収録曲目

購入はこちら

THE DIG Special Edition ボブ・ディラン ザ・カッティング・エッジ 1965-1966<シンコー・ミュージック・ムック>

¥ 1,728 (本体 1,600+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品