ザ・ビートルズ・スタイルブック

ザ・ビートルズ・スタイルブック

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

発売日 2021/03/25
著者 吉野由樹
サイズ 四六判
ページ数 216ページ
ISBN 978-4-401-64981-5

これが4人のスタイル=服飾(スタイル)×流儀(スタイル)

ビートルズのメンバーの少年時代からデビュー、解散まで、ステージ衣装やプライベートのファッションを解説する読み物。関連の写真やイラストレーションを添えて図解する。

ビートルズはその音楽と同様に、ファッションにおいても独自のセンスで新しいスタイルを生み出した。服装や髪形から靴、めがねなどの小物にいたるまで、グループのトレードマークとなり、若者たちへ大きな影響を与えた。ファッションもまた彼らの表現手段のひとつであり、時代を先導する大切な要素となっていた。

ファッションのトレンドセッターとしてのビートルズに焦点を当て、そのファッションを真似したい人にも、60年代のスタイルに関心のある人にも役に立つ一冊。
外見の流行(fashion)・変遷を追うことで、ビートルズの服飾(style)だけでなく流儀(style)が見えてくる。

【CONTENTS】
はじめに

第1章 1950年代~1960年代
すべてはテディ・ボーイ・スタイルから始まった 4人のティーンエイジャー時代

第2章 1957~1961年
誰にもまねできないスタイルを追求したアマチュア時代

第3章 1961~1962年
ビートルズ・スタイルの基礎を築きリンゴを迎えてデビューを果たす

第4章 1962~1965年
個性を打ち出したステージ衣装で世界のファッション・リーダーになるまで

第5章 1964年
4人の姿を印象づけるために作られた映画『ハード・デイズ・ナイト』

第6章 1965年
4人の「好き」が詰め込まれた映画『ヘルプ!』の衣装

第7章 1966年
ファッションでも大きな転換を図りスウィンギング・ロンドンを先導する

第8章 1967年
カラフルな衣装を着た4人がサイケデリック時代の象徴となる

第9章 1967年
色のあふれる世界から新時代への移行を感じさせる映画『マジカル・ミステリー・ツアー』

第10章 1967〜1968年
うまくいかなかったアップルの服飾ビジネス

第11章 1968年
おしゃれを小休止? ビートルズがドレス・ダウンしたとき

第12章 1969年
映画『レット・イット・ビー』で衣装に映し出された4人の心模様

第13章 1969年
ビートルズ解散 そのとき4人の装いが映したもの

おわりに

お詫びと訂正

書籍『ザ・ビートルズ・スタイルブック』(2021年3月25日発売、初版)におきまして、以下の誤りがありました。ここにお詫びいたしますと共に訂正させていただきます。

■p52/1行目
[誤] 2月の初のアメリカ訪問
[正] 64年2月の初のアメリカ訪問

■p78/後ろから2行目
[誤] ひと目見で
[正] ひと目見て

■p95/2行目
[誤] 8月の全米
[正] 8月~9月の全米

■p95/3行目
[誤] 10月の全英ツアー
[正] 10月~11月の全英ツアー

[誤] 翌65年6月のヨーロッパ
[正] 翌65年6月~7月のヨーロッパ

■p95/4行目
[誤] 64年6月8日の香港
[正] 64年6月9日の香港

■p146/6行目
[誤] 仕立てたられた
[正] 仕立てられた

■p157/後ろから3行目
[誤] 第2次アフガン戦争(1978〜80年)
[正] 第2次アフガン戦争(1878〜80年)

■p165/3行目
[誤] 色とりどの
[正] 色とりどりの

■p201/7行目
[誤] 惹きつけられおり
[正] 惹きつけられており

■p208/後ろから2行目
[誤] リンゴはこのスーツ
[正] リンゴは同様のスーツ

ご購入いただきましたみなさま、並びに関係者の方々にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びいたします。

株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
書籍編集ルーム

購入はこちら

ザ・ビートルズ・スタイルブック

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています

関連商品