ページをめくるとジャズが聞こえる 村井康司《ジャズと文学》の評論集

ページをめくるとジャズが聞こえる 村井康司《ジャズと文学》の評論集

¥ 2,200 (本体 2,000+税)

発売日 2020/03/21
著者 村井康司
サイズ 四六判
ページ数 296ページ
ISBN 978-4-401-64906-8

広い視野と見識で人気の音楽評論家による「ジャズ」と「本」をめぐるエッセイ=評論集

「あなたの聴き方を変えるジャズ史」「100年のジャズを聴く」(共著)などで知られる音楽評論家・村井康司。これまでに様々なメディアに寄せてきた、ジャズに関するエッセイや評論を中心に、新たな書き下ろしも多数加えてまとめた待望の新刊。
ジャズはもちろん、文学、演劇、映画までを繋いで解きほぐしていくゆく試みは、スリリングであると同時に楽しく、知的好奇心をくすぐってくれる。462曲分のSpotifyプレイリストが聴けるQRコード付き。

【CONTENTS】

「こういうことがつまりジャズなんだよ」——村上春樹とジャズをめぐる3章
「ジャズ・エイジ」のこだまは聞こえるか?——スコット・フィッツジェラルドとジャズ
恋とエリントンがあればいい——ポリス・ヴィアンとジャズをめぐって
指を鳴らせ! 世界を止めろ!——ジャック・ケルアックと「ビート・ジェネレーション」
夢のジャム・セッションが始まった——斎藤憐/自由劇『上海バンスキング』
最後の歌が多すぎて——久世光彦『マイ・ラスト・ソング』
Let’s Face The Music And Dance——和田誠とジャズ
「この市街戦は前衛ジャズそのものだ」——佐藤泰志の文学とジャズ


小川隆夫・平野啓一郎『TALKIN’ ジャズ×文学』
アシュリー・カーン『ジョン・コルトレーン「至上の愛」の真実』
菅原正二『聴く鏡 1994-2006』
中川右介『カラヤンとフルトヴェングラー』
平岡正明『毒血と薔薇 コルトレーンに捧ぐ』
後藤雅洋『ジャズ耳の鍛え方』
中山康樹『ジャズ・ヒップホップ・マイルス』
ブリュノ・コストゥマル『だけど、誰がディジーのトランペットをひん曲げたんだ?』
ウェルズ恵子『魂をゆさぶる歌に出会う アメリカ黒人文化のルーツへ』
細馬宏通『うたのしくみ』
アシュリー・カーン『マイルス・デイヴィス「カインド・オブ・ブルー」創作術』
輪島裕介『踊る昭和歌謡 リズムからみる大衆音楽』
ウラジーミル・タラーソフ『トリオ』
小川隆夫『ジャズメン、ジャズを聴く』
小川隆夫『証言で綴る日本のジャズ2』
牧野直也『〈ポスト・ジャズからの視点Ⅰ〉リマリックのブラッド・メルドー』
小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』
行方均『ジャズは本棚に在り ジャズ書と名盤』
麻田浩・奥和宏『聴かずに死ねるか! 小さな呼び屋トムス・キャビンの全仕事』
小川隆夫『改訂版 ブルーノートの真実』


熱い情熱と冷静な洞察——野川香文『ジャズ音楽の鑑賞』の先駆性
国土なき「ジャズ共和国」の誇り——油井正一と『ジャズの歴史物語』
21世紀のための相倉久人——相倉久人『相倉久人の超ジャズ論集成—ジャズは死んだか!?』
悪だくみのマイルス——中山康樹追悼
青春文学としてのツアー・エッセイ——山下洋輔の初期エッセイを読む
無頼と含差、天空と奈落——南博『白鍵と黒鍵の間に』解説にかえて
『あまちゃん』へ ジャズからの挨拶
菊地成孔と大竹伸朗——「夢の中のリアル」を顕在化させるためのノイズ
美しき妄想としての引用、あるいは「超訳」者としての菊地成孔

購入はこちら

ページをめくるとジャズが聞こえる 村井康司《ジャズと文学》の評論集

¥ 2,200 (本体 2,000+税)

Amazonで購入する