東京レコ屋ヒストリー

東京レコ屋ヒストリー

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

発売日 2016/3/31
著者 若杉 実
サイズ 四六判
ページ数 464ページ
ISBN 978-4-401-64274-8

2014年に刊行されて好評を博した「渋谷系」の著者・若杉実が、そこで掘り下げた渋谷のレコード文化からさらに視野を広げて、戦前(1930年代)からの東京のレコード店(=レコ屋)の歴史を、当事者や関係者への取材、各種文献の確認などを踏まえて総括する一冊。
アナログ盤の見直しやRECORD STORE DAYの浸透、HMVの新たな店舗HMV record shopの展開など、レコード文化に対する興味が再燃している現在、音楽ファンやカルチャー好きが知りたいこと満載のバイブルとなるでしょう。

【CONTENTS】
序章
第一章 1900年~ レコ屋文化を支えた輸入盤
第二章 1920年~ 下町のレコ屋
第三章 1930年代 最初のレコ屋街
第四章 1970年代 ヤマハ帝国
第五章 1970年代 レコ屋戦国時代
第六章 1980年代 レコ屋村
第七章 1990年代~ オンライン時代
 

購入はこちら

東京レコ屋ヒストリー

¥ 1,980 (本体 1,800+税)

Amazonで購入する