ジョン・ライドン新自伝 怒りはエナジー

ジョン・ライドン新自伝 怒りはエナジー

¥ 3,564 (本体 3,300+税)

発売日 2016/4/27
著者 ジョン・ライドン(著)、田村亜紀(訳)
サイズ A5判
ページ数 608ページ
ISBN 978-4-401-64167-3

2014年10月に刊行されたジョン・ライドン2冊目の自伝が待望の邦訳化。セックス・ピストルズ解散までをまとめた1994年発売の自伝以来、20年ぶりとなる今回の新たな自伝では、ピストルズ解散後から現在に至るまでの活動すべてにも触れた、「ライドン半生記・完全版」と言えるもの。
ピストルズ解散後から現在も続く自身のグループ、パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)での活動や、ソロ/ゲスト参加作品、TVタレントとしての活動にも触れ、さらに97年以降、複数回に及ぶセックス・ピストルズの再結成にも言及。マネージャーだったマルコム・マクラレンとの確執・裁判、そしてそれが決着した上での再結成。そうした舞台裏すべてが、当事者ライドンの口から語られます。あけすけながら理屈っぽい、それでいて説得力の高い物言いがいかにも彼らしく、屁理屈のようでいてまったくの正論を振りかざし、政治、チャリティ、音楽、バンド、人間について独特の視点でぶった斬ります!

【CONTENTS】
序章 おまえの歩くべき道がその足元から現れんことを
第1章 生れた意味
第2章 初めての内便所
第3章 ジョニーは何だろうと好きな服を着る
第4章 地獄の中へ
第5章 俺は絶対に諦めない
第6章 不吉の影を振り払え
第7章 ハンマーとノミでパンドラの箱をこじ開ける
第8章 頭がおかしくなってたって、捕まらずに済むわけじゃない
第9章 変化ほど素晴らしいものはない
第10章 ガッカリなんてしてないぜ、ハッピーだ
第11章 ジョニー・クック
第12章 自信がつけば未来に目が向けられるようになる
第13章 自然が俺の真の姿を明らかにしてくれた
第14章 歴史と悲嘆……それは天からの贈り物
第15章 もっと沖を目指して

購入はこちら

ジョン・ライドン新自伝 怒りはエナジー

¥ 3,564 (本体 3,300+税)

Amazonで購入する

こんなキーワードでも検索されています