B=PASS 2017年4月号
価格

ライン

  最新号のご紹介
  表紙への道
  THE取材
  三色丼と紅しょうが。
→ 用語解説48時

-




□ アウトテイク
例えばアルバムを作ったときに「ものすごく良い曲なんだけど、アルバム全体の雰囲気とちょっと合わないから、今回は収録しないでおこう……」という感じで、録音したけど作品に収録されなかった楽曲のこと。ちなみに雑誌の場合、写真を撮影したときに「この写真めちゃくちゃ良いんだけど、ページ数の都合上載せきれない……」なんていうことが多々あります。それも「アウトテイク」と言います。編集部にはそんなアウトテイク達が大量に眠っています。いつか日の目を浴びることがあるかも! お楽しみにっ!!
□ あおり
Aさんの撮影。Aさんへ向けてカメラのレンズを水平にしたとします。その水平より下の位置にカメラを置いて、レンズを上に向けて撮ることを「あおり」と言います。あおることで、ちょっと威圧的というか強い印象を与える写真を撮ることができます。
□  頭サビ
現代の日本の音楽は、基本的にイントロ→Aメロ→Bメロ→サビといった流れで構成されていますが、楽曲によっては、いきなりサビから始まるものもあります。ああいった、曲のど頭にあるサビのことを「頭サビ」といいます。そういった曲のことを「サビ始まり」というときもありますね。
□ アップストローク/ダウンストローク
ギターで音を出すためには、コード(和音)を押さえて、ピックや指で弦を一気にジャカジャカと弾くわけですが、その「弦を一気にジャカジャカと弾く」ことを「ストローク」と言います。そのときに、ピックを上から下におろすのが「ダウンストローク」、逆に下から上にあげることを「アップストローク」と言い、この2つの弾き方に、弦を弾かない「空振り」を組み合わせることでリズムを作り、曲の雰囲気を作り上げます。
□  アップライト・ベース
ウッド・ベースって知ってますか? ジャズ・バンドなどでデカいコントラバスみたいな楽器を、プレイヤーが垂直に立てて弾いてる楽器、あれがウッド・ベース。音の感じは「ボンボンボボン」みたいな、ね。で、実はウッドベース=コントラバス。クラシックなどでは弓で弾き、ジャズ、ロカビリー、ポップスなどではピチカート奏法といって、いわゆる指で弦をはじいて音を出す。実はあれは同じ楽器なのです。分野で呼称が違うというわけ。他にも「ダブルベース」「アコースティック・ベース」などと呼ばれていて、その呼称のひとつがアップライト・ベース。ですが最近は、エレクトリック・コントラバス・ベースのことを総じて「アップライト・ベース」と呼んでいるようです。ボディがコントラバスより断然細身で長方形。GLAYのJIROがツアー『HIGHCOMMUNICATIONS』の「17ans」や、『X-RATED』の「BLAST」で使用してました。
プする事が出来るのです。あと、曲間はこの工程で調整します。
□  アドリブ演奏/インプロビゼーション
お芝居の世界で使われる「アドリブ」という言葉。「自由に」という意味ですが、音楽の世界にもアドリブはあります。たとえば「ここはアドリブでよろしく」と言われたら、プレイヤーが即興で自由に演奏をするといった感じ。とはいえ、もちろんルールはあるので好き勝手に弾いていいわけではなく、リハーサルなどで事前に準備することも多いですが、そういった即興演奏のことを「アドリブ演奏」といいます。で、「インプロビゼーション」ですが、多少の違いはあるものの、ぶっちゃけアドリブと同じく即興演奏という意味で使われています。でも、アドリブよりも聞き慣れていないのもあって、インプロビゼーションのほうが、なんとなくかっこいい感じがしますね。略して「インプロ」と言うともっといい感じ!
□ アナログ盤
たまに「CDとアナログ盤を同時リリース」という文字を見かけますよね。「アナログ盤」は、分かりやすく言うと「レコード」のことです。でも、なぜ今アナログ盤を出すのかという疑問もあるかと。いろんな理由があると思いますが、実はCDなどのデジタル媒体に録音するとき、人間の耳には聴こえない部分の音をカットしているんです。でも、聴こえないとはいえ、身体で感じとることは出来るんですね。だから、慣れている人からすると、デジタルだと何かが物足りないという。そういう意味でもアナログ盤を出そうというアーティストが多いんです。最近は、アナログ盤に収録されている音源を、スマートフォンなどに入れて外で聴きたい人のために、盤を購入するとダウンロード・コードが付いてきて、そこにアクセスすると収録曲をダウンロードできたりもします。
□ アルペジオ
ストロークがギターの弦を一気に弾く奏法ならば、「アルペジオ」は弦を一本一本弾くこと奏法のこと。ストロークの力強い感じに比べて、アルペジオの場合は繊細さや物悲しさなどを表現出来ます。文字で表わすなら、ストロークがジャカジャカ、アルペジオはポロロ〜ンですね。
□ アンセム
「今年のサマーアンセムはこれ!」みたいな感じで見かける言葉ですが、アンセムは元々教会音楽のひとつで、礼拝のときに歌われる合唱曲のこと。それが元になって、例えばスポーツだったり(サッカーが有名ですね。「FIFA Anthem」とか)、様々な場面で使われるようになりました。ざっくり言うと、「代表曲」とか「みんなが歌えるぐらい有名な曲」「みんなが歌える曲」みたいなニュアンスで使われていますね。あと「国歌」のことを英語で「ナショナルアンセム」と言います。
□  アンプ
アンプとは「アンプリファイア」の略で、直訳すると「増幅機」。例えばギターの場合、前述のピックアップが振動を拾うわけですが、その量がかなり小さいんです。それを増幅して、スピーカーに伝達する機械が「アンプ」。ライヴで、ギタリストやベーシストの後ろに、上に機械みたいなのが乗ってるスピーカーを見かけると思うんですが、あの上の機械が「アンプ(ヘッド)」です。で、その下が「スピーカーキャビネット」(通称「キャビ」)。「アンプ」と「キャビ」は別々になっているタイプのものや、一緒になっているタイプのものなど、いろいろあります。
□ アンプシミュレーター
エレキギターやエレキベースを鳴らすために必須になってくるのがアンプ。アンプの種類によって特性が異なっていて、何を選ぶかによって出る音が変わってくるのですが、アンプシミュレーターは、様々なアンプの種類が登録されていて、まるでそのアンプを使って弾いたかのように、音をデジタル処理してくれる機械です。なので、これを1個持っておけば、高価なアンプを何台も持っていることとほぼ同じことになってしまうというわけです。ギターの音が変わるっていうことは、アンプシミュレーターってエフェクターなの?と思う方もいるかもしれませんが、エフェクターは、ギターとアンプだけでは出せない歪みや揺れなどの効果を与えるものなので別物です。
□ アンプラグド
電気を使わない(プラグを通さない)で、生楽器だけで演奏すること。
□ イキ/イキママ
先ほどの「バラシ」とは逆に、元のものをそのまま「生かす/活かす」こと。例)「あの件、イキでお願いします」。ちなみに、雑誌の校正作業(=文章に誤字脱字はないかチェックする作業のことです)でもよく使うこの言葉。例えば「音楽の話しをする」といった具合に、間違っている部分に線を引っ張って「トル」という訂正指示を書くのですが、何も間違っていない場所に線を引っ張ってしまったとき「イキ」「イキママ」もしくは「モトイキ」と書いたりします。まぁ要するに「イキ=そのまんま」ってことです。
□ イコライザー
音をいくつかの周波数帯域に分けて、各帯域ごとに補正するエフェクト機材のこと。音を強調したり、均一化したり、音の全体像を調整するのに使います。ほとんどのイコライザーは、ボリュームを調整するメモリのようなものが横一列にずらーっと並んでいて、左側で低音域を、真ん中の辺りで中音域、右側で高音域を調整できるようになっています。最近の再生機器やソフト(iTunesとか)には、だいたいこの機能がついているので、実際に音を流しながら触ってみると、楽曲の雰囲気が一気に変わるのが分かると思うので面白いと思いますよ。
□ 板付き
これも登場方法のひとつ。ステージに斜幕(映像をうつすスクリーンみたいなもの)がかかっていて、暗転と同時に映像がスタート。映像が終わって幕が落ちると、メンバーが既にそこに立っている、みたいな演出ってありますよね。ああいう「幕が開いたときに、演者が既に舞台に立っている状態」のことを「板付き」と言います。
□ 一発録り
楽曲をレコーディングするときは、ドラム→ベース→ギター→ヴォーカルの順に、それぞれをパートごとに分けて別々に録音して行くことがほとんどですが、複数の楽器を同時にレコーディングする方法のことを「一発録り」と言います。ライヴやスタジオで演奏するように、全員で一緒にやったほうがノリやグルーヴが出しやすいということで、楽曲の基本となるリズムパート(ドラムとベース、場合によってはリズムギターも含む)を、この方法で録ることは多いですね
□ 入り
ライヴ会場だけでなく、取材場所や撮影スタジオといった「現場に入る」ことを「入り」と言います。例)「今日のライヴ、12時入りでお願いしまーす」など。ちなみに、ミュージシャンが会場入りするのを待つ「入り待ち」という行為があるのですが、いろんな人達に迷惑になるので絶対にやっちゃダメですよ
□ インサート
たとえば、ロックバンドのミュージックビデオを観ていると、メインとしてバンド全員が演奏しているシーンがあって、その途中で楽器を演奏している手元や顔のアップとか、演奏シーンとはまったく関係のない場面が出てくることがありますよね。ああいったメインの映像に別の映像を差し込むことを「インサート」と言います。
□ インスト
「インスト」とは、インストゥルメンタルの略。楽器のことを英語で「instrumental」と言うのですが、そこから「ヴォーカルが入っておらず、楽器のみで演奏する曲」のことを、「インスト」と呼びます。ただ、ひとつだけご注意を。CDを買うと、タイトルの後ろに「instrumental」と付いている、ヴォーカルが入っていない状態の楽曲が収録されていることが、たまにありますよね。あれは、インストというよりは、従来の曲からヴォーカルを除いた「インストバージョン」であって、正しくは「インスト」ではありません。インストバージョン(要するに「カラオケ」)の楽曲に関しては、「オフヴォーカル」とか「バッキングトラック」と呼ばれることもあります。
□ インビ
ライヴやコンベンションなど、何かイベントごとがあるときに主催者から届く招待状のことを、インビテーションカードと言います。ただ、そのままだと長いので、大抵「インビ」と略して呼ばれます。
□ EDM
EDMとは、Electronic Dance Musicの略で、直訳すると「電子の踊る音楽」。要するに、シンセサイザーなどを使ったダンスミュージックのことです。なので、言ってしまえば、テクノとかハウスとか、そういうタイプの音楽は全部EDMなわけですね。ただ、ここ数年、世界中で大ブームになっている「EDM」と呼ばれる音楽は、「踊る」という部分をより強調させたもの──例えば、ビートが強かったり、トランス系の派手な音が使われているダンスミュージックのことが、そう呼ばれています。
□ InDesign〈インデザイン〉
アドビシステムズが販売してるDTPソフト。ページをレイアウトするアプリケーションですね。今まで本誌はillustrator〈イラストレーター〉というソフトで作っていたのですが(その前はQuark〈クオーク〉、もっと前は版下!)、リニューアルと共に移行! デジタル社会の進化に日々勉強っす。
□ 打ち合わせ
本誌で登場する場合は、取材などをする前、カメラマンとは写真の方向性、ライターとはインタビューの内容を、前もって相談しておくこと。ここで出た全体の取材案をもって、事務所/レコード・メーカー、果てはアーティスト本人とさらなる打ち合わせを行ないます。
□ ヴァースーコーラス形式
曲によっては、いわゆるBメロがなくて、Aメロの後にサビが来る曲もありますよね。ああいう曲構成のことを「ヴァース・コーラス形式」といいます。ヴァース=Aメロ、コーラス=サビという感じで、洋楽はこの形式が一般的ですね。とはいえ、洋楽でも日本でいうA→B→サビという形式もあり、Bメロにあたるパートのことを、ブリッジとかプレコーラスと呼んだりします。
□ ヴォイトレ
ヴォイス・トレーニングの略。そのままですが、ヴォーカリストが行なう発声の練習。これによって表現力が格段に上昇するみたいです。
□ 絵コンテ
映像を撮影するときに、そのシーンをどういうアングルで撮るか、映っている人がどういう動きをするのか、といったことを監督が事前に決めておきます。で、監督が撮影したい場面をイラストにしたものが「絵コンテ」です。絵コンテには場面のイラストのみでなく、セリフや小道具などについても書いてあって、そのカットがどういうシーンなのかが見ればすぐ分かるようになっています。たいていの場合は1カットを1つのイラストで表わすことが多いのですが、1カットの中でさまざまな動きがある場合は、そのイラストの数もどんどん増えていきます。ちなみにコンテとは、連続や継続という意味の「continuity」からきていますが、海外では絵コンテのことを「ストーリーボード」と言います。
□ エックスタイム
ライヴに行ったとき、曲の間奏だったり、アウトロだったりで、ギターソロや、同じフレーズをループして演奏するなど、CDに入っているバージョンよりも長く曲を演奏する場面を見かけたことはありませんか? あの場面のことを「エックスタイム」と呼びます。エックスタイムは、お客さんが盛り上がっていたらもうちょっと長くしよう、逆に、まぁまぁの盛り上がったら早めに切り上げようといった感じで、その場の雰囲気で長さを調節します。要するに「その場面で演奏する小節数を、仮にXとする=エックスタイム」というわけです。ちょっと数学っぽいニュアンスですね。
□ エフェクター

音を変える機材のこと。いろんなエフェクトをかけていくことによって、楽曲に合った音を作り上げたり、そこでその人の個性が出たりと、かなり奥が深いものです。

□ エレクトロニコア/エレクトロコ

ロックとエレクトロミュージックの融合は昔から行なわれてきましたが、最近のトレンドになってきているのが、この「エレクトロニコア」。英語で書くと「Electoronicore」です。これは攻撃的なハードコア/メタルコアと、EDM系の派手なエレクトロサウンドをミックスさせたラウドミュージックのこと。先ほど説明しました「ダブステップ」も、積極的に取り入れられています。あと、電子音がピコピコしている感じから、日本では「ピコリーモ」と呼ばれることもありますね。

□ エモい

「エモい」とは、英語で「感情的」という意味の「Emotional」の頭3文字=Emoに、状態を表す形容詞の「い」をつけた言葉。元々「エモ」という音楽ジャンルが語源にはあるのですが、使い方としては、気持ちが激しく高揚したり、怒りや悲しみなどで感情が揺さぶられたりしたときに、「エモい」と言えば、ほぼ大丈夫かと思います。

□ MC
MASTER OF CEREMONY(マスター・オブ・セレモニー)の略。司会進行者のこと。ライヴ中のMCというのは、曲と曲の間に、次の展開の準備をしたりするために、ヴォーカリストなどが近況を話したりする、喋りの事ですが、要は、ライヴの司会/進行、だということなのです。ちなみにヒップホップにおけるMCは、MICROPHONE CONTROLLER(マイクロフォン・コントローラー)の略。マイクさばきをする人、要するにラッパーのこと、です。
□ MD
懐かしい!と思う方も多いでしょう。MDとは「Mini Disc」の略で、1992年に製品化されました。それまで音楽を録音するメディアとして主流だったのはカセットテープ(コンパクトカセット)でしたが、これは便利だ!ということで、そのポジションに新たに登場したのがMD。なにがカセットと違って便利だったのかというと、録音した後に、曲順を入れ替えたり、曲同士を分けたりくっつけたり、曲を消したりするのをボタン操作で簡単にできるようになったところ。あとは、トラックデータに文字を入力することもできたりもしました。それと、たとえばCDを録音するときに、カセットテープは磁気テープに記録していたのですが、MDは光磁気ディスクに記録するので音質の劣化も少ないし、サイズ的にもだいたいCDケースの4分の1ぐらいだったので、カセットテープよりも場所を取らなかった、というのもあるかと。アーティストサイドもCDと同時にMDで作品をリリースすることもありました。一時代を築いたMDでしたが、現在は生産が終了しています。
□ A&R
アーティストを発掘し、売り出しのトータル・ビジョンを創り出すプロデューサー的役割の人を「A&R」といいます。「アーティスト&レパートリー」の略で、アーティストの総合的なケアと、彼らがどんなレパートリー(楽曲群)を持ち、どんな形でそれを世間に出せば、より多くのリスナーを獲得することができるかをプランニングする、いわばマネージャー的なスタンスの制作ディレクターと言えます。CDというパッケージ商品の制作全体に携わるプロデューサーがA&R担当者で、全体の舵取りをし、CDに録音される音楽の方は、ブックレットなどにクレジットされている、いわゆる「プロデューサー」が行なう……この二本の柱が、アーティストの活動を支えているのです。、要するにラッパーのこと、です。
□ AOR
「ADULT ORIENTED ROCK」(アダルト・オリエンテッド・ロック)の略。「大人向けのロック」という意味ですが、主に'70年代末〜'80年代初頭に使われていました。ビートルズを起点にして「ロック」というものが誕生したと考えると、当時10代だった人達はその頃20代後半から30代前半になっていたわけで、“キッズに支持されているロック”から卒業していく人もたくさんいたのです。そういう対象に向け、ロックで育った人達も聴ける=ロックだけど大人もOK……という意味で名付けられたのが、このAORという言葉でした。しかし現在では、大人も聴けるロック/ポップスは当たり前に存在しますので、本来の意味で使われる事はありません。が、当時AORの範疇で語られていたアーティスト達が作った音楽の傾向=ライト・テイストなハードロックや、乾いたサウンドの、アレンジがロックよりのポップスを指して、今でも、「あの曲、AORっぽい」と言うことがあるようです。
□ SE
Sound Effectの略。音響効果とか効果音という意味もありますが、ライヴの現場でよく使われるのは、開演前/終演後の会場で流れる音楽のこと。メンバーが、その時々のフェイバリットなもの選曲したり、ライヴのコンセプトに合わせたものを流しています。また、メンバーがステージに登場するときに流れる「オープニングSE」は、ライヴによって変えたり、そのバンドの定番のものがあったりと様々。最新アルバムの1曲目がインストものだったりすると、レコ発ツアーではその曲を流すことも多いですね。
□ オイコール
リズムに合わせて「オイ! オイ!」と声を出すこと。最近はどのジャンルのライヴでも見かけますが、主に曲のイントロや間奏で登場する場面が多いですかね。
□ 大サビ
最後のサビを盛り上げるために、それまで曲中に出てこなかったメロディが組み込まれたりするのですが、そのメロディのことを「大サビ」と言います。だいたいは2番のサビの後だったり、もしくは、2番のサビが終わった後に間奏があって、その次に来たりもします。大サビのことをCメロ(サビをCメロとした場合はDメロ)と呼ぶこともありますね。これがあることで曲がかなりドラマチックになりますし、歌詞においてはその曲に込められたメッセージが強く表われていることもちょくちょくあります。ただ、単純に曲の一番最後でドーン!と盛り上がっているサビのことを「大サビ」と言う場合もあるので、もしインタビューなどで出てきた場合、どちらの意味で話しているのかは、前後の内容で判断する感じでお願いします。
□ オカズ
楽曲を聴いていて、例えば、ギターがジャカジャカ鳴っているんだけど、ヴォーカルのメロディが途切れた瞬間に、たまにちょっと難しめというか、耳を引くフレーズが入っているのを聴いたことありませんか? もしくはドラムがリズムを刻んでいる途中で、同じくメロディがなくなったときに、刻んでいたリズムとは違ったフレーズを叩いていたりとか。そういう、基本の演奏をしつつも、ヴォーカルの邪魔にならないように入れるフレーズのことを、ギターやベースでは「オブリガード」、ドラムでは「フィルイン」といいます。で、そういったフレーズの俗称として呼ばれているのが「オカズ」。オカズを聴くと、その人のプレイヤーとしてのセンスやスキルが分かるので、みんなかなり真剣に考えてます。是非とも耳をすませて聴いてみてください!
□ 押し
予定していた時間を過ぎる(遅れる)こと。例)「今日の開演、10分押しでいきまーす!」。ちなみに、定刻通りにスタートすることを「オンタイム」と言います。長時間に及ぶフェスやイベントは、一度押してしまうとその後のスケジュールが大変なことになってしまうので、出演者・スタッフが一丸となってオンタイムを目指します。
□ 落ちサビ
音楽を聴いていて、サビはサビでも、周りの音が静かになって、ヴォーカルのメロディだけがものすごく目立っているサビってありますよね。ラストに向けてグワ〜っと盛り上がっていくために、ちょっと抑えめにするというか。ああいった、他の楽器の音を極端に落として、メロディを目立たせるサビのことを「落ちサビ」といいます。
□ 音先
読み方は「おとせん」。「おとさき」と言うこともあります。これは、演者が舞台に登場する仕方のひとつで、会場の電気が暗くなって(=暗転して)、SEなどの音が鳴ってから、演者がステージに出てくるというもの。演者が出るよりも「先に音を流す」ということです。イベントやフェスの場合は、音先がほとんどですね。
□ 十八番

「十八番」は、その人にとって得意な芸や技のこと。「おはこ」と読みます。語源としては、江戸中期に歌舞伎の七代目市川團十郎が、先代達が得意としていた演目を18種選び、その台本を箱に入れて大切に保管していたことから、こう呼ばれるようになったという説が有名ですが、諸説いろいろあるそうです。なにかの2次会でカラオケへ行ったときのためにも、1曲ぐらいは「十八番」を持っていたほうがいいかもしれませんね。

□ 帯
CDの背の部分についているアーティスト名とか作品名が書かれている紙、ありますよね? あれのことを「帯」と言います。あれ、邪魔なんだよねぇ……と思う方、実は帯ってすごく大事なんですよ。例えば、ジャケットをアートな感じにしたいんだけど、そこに名前をデカデカと載せるとちょっとデザインを損ねてしまう。そういうときに、帯に名前を書いておくことで、ジャケットはアート性を保てるし、お店で並んでいてもちゃんと名前が目立つようにできるわけです。ちなみに、CDに帯を付けている国は日本ぐらいで、他の国にはほぼありません。
□ オルタネイト・ピッキング
ギターやベースの奏法のひとつで、一本の弦を上から下に弾き、そのまま下から上に弦を弾く……という弾き方。前述のアルペジオはこの弾き方をよく使います。よくある「速弾き」は、このオルタネイト・ピッキングをめちゃくちゃ速くしたものです。
□ 音源
「ライヴでしか聴けなかったあの曲が、待望の音源化!」といった感じで、よく出てくるこの言葉。この「音源」というのは、「レコーディングされて、手に取れる形になった楽曲」のこと。ざっくり言うと、CDのことです。
□ 音楽の三大要素
西洋音楽において、音楽は「リズム」「メロディ」「ハーモニー」の3つからできている、と考えられています。もちろん、例外も多々あるのですが、基本的にはこの考え方が根本にあった上で、音楽は長い時間をかけ、様々な変化や発展してきました。
□ オーガナイザー
ものすごくザックリ言うと、そのフェスやイベントの「主催者」のことです。元々は裏方のお仕事でしたが、最近はバンドやアーティストが主催する=オーガナイズするイベントも増えてきました。
□ オーケストラ
主にクラシック音楽を演奏する楽団のこと。日本語では「管弦楽団」と言います。演奏する楽曲や、指揮者によって人数や使用する楽器が変わるのですが、基本的には、弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)、木管楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット)、金管楽器(ホルン、トランペット、トロンボーン、チューバ)、打楽器(ティンパニー、トライアングル、シンバル、木琴、マリンバなど)、編入楽器(ハープ、ピアノなど)で構成されています。
□ オーディエンス
英語で書くと「audience」。「聴衆」という意味です。要するに、ライヴやコンサートに来たお客さんのことですね。
□ オーバーラップ/ディゾルブ
テレビ番組や映画を観ていると、最初に映っていた場面と重なるように違う映像がぼんやりと浮き出てきて、それがちょっとずつ鮮明になっていくと同時に最初の場面が消えていき、別の場面に切り替わる……みたいなやつがありますよね。あれは映像を編集するときにそういった効果をいれているんですが、最初の画面をフェードアウトさせながら、次の画面をフェードインさせる画面転換のことを「オーバーラップ」といいます。最近は「ディゾルブ」とも言われてますね。
□ O.A.
イベントでよく見かけるアルファベット2文字ですが、これは「Opening Act=オープニング・アクト」の略。イベントの一番最初に出演する人のことです。開演してから一番手として登場する場合もありますし、開場中、お客さんがホールやフロアに入場してくるときに演奏する場合もあります。