ミックステープ文化論

2017年グラミー賞で最優秀ラップ・アルバムを授賞したのはチャンス・ザ・ラッパーによる“ミックステープ”だった。 業界大手をも動かし、さらにあの保守的なグラミー賞が受賞資格まで変えるとは! そもそも、ストリーミング限定の作品で、テープでさえないのに“ミックステープ”とは? ある意味“最もヒップホップ的”な文化であるミックステープ、世界初の専門書登場! 【CONTENTS】 第1章 ミックステープの出現 1.ラップ・レコード登場以前 2.クラブプレイからミックスショウへ 3.ミックステープの完成〜『52 Beats』 4.ブレンドでミックスキングに 5.区切りの年、1991年 第2章 ミックステープ・ゲーム 1.エクスクルーシヴ 2.ジ・オリジネーター 3.ミックステープ・アウォーズと95年 4.録り下ろしフリースタイル 5.ミックステープの商業化 6.殺るか殺られるか~ドキュメンタリーとして 7.コンピからアルバム型へ、DJからアーティスト主導へ 8.セルフ・ブランディングのツールとして 9.ニューヨーク以外の地域での興隆 10.アンオフィシャル・リミックスとジェイ・Z 11.ミックステープ発信体制の整備とフリーダウンロード 第3章 新たな局面へ 1.ミックステープ・ゲームの強制終了 2.ゲームの再起動とフリーダウンロード 3.ヒット・シングルを生み出すミックステープ 4.ミックステープの当たり年 5.変化するフリーダウンロードへの認識 6.ストリーミングで変わるミックステープの位置付け