Jazz The New Chapter 5<シンコー・ミュージック・ムック>

「セロニアス・モンクはオリジナル・ヒップホップ・ピアノ・プレイヤーだ。だから、俺はJ・ディラとのミックスも思いついた」――ロバート・グラスパー カマシ・ワシントンの「Heaven & Earth」から始まる現代ジャズの手引き。 西海岸LAで生まれ育ち、サックスを手にジャズを演奏し、スヌープ・ドッグやケンドリック・ラマーらヒップホップ勢に貢献、自身の作品ではクラシック音楽をも視野に入れた壮大なサウンドを作り出すカマシの音楽には現代ジャズの様々なエッセンスが詰まっている。 本書では彼を出発点にLAヒップホップとジャズの関係、サックス奏者たちの進化、そして、ジャズの歴史やクラシック音楽とジャズの関係をもとに「ジャズとは何か?」を考察する。 ロバート・グラスパー、テラス・マーティン、マリア・シュナイダー、クリスチャン・スコット、ジュリアン・ラージなど重要人物の言葉と共に現代のジャズを解き明かす、大ヒットシリーズ第5弾!! 【CONTENTS】 Introduction はじめに Special Interview Kamasi Washington Around The Experiment Robert Glasper 2017年のセロニアス・モンク Damion Reid & Vicente Archer 進化するロバート・グラスパーと世界に広がる影響 Casey Benjamin Chris Dave ヒューストンで育ったジャズ・ドラマーたちの背景にあるもの コラボレーターとしてのロバート・グラスパー Interview Jason Moran Nai Palm FEATURE 1 what is the role of Jazz Media? アートワークからライヴまで一貫したリヴァイヴ・ミュージックの美意識 リヴァイヴのCEO、メーガン・スタービレイとの対話 デザイナー、ローランド・ルフォックス・ニコルの横顔 ウォリーズ・カフェ――〈登竜門〉として機能し続ける老舗ジャズ・クラブ DISC SELECTION New Standards 2017-2018 今聴かれるべき120枚のアルバムを傾向ごとに整理してレヴュー ラフィーク・バーティア「Breaking English」が見せた劇的進化 BiophiliaとOutside In Music――NYから生まれた新たなレーベル トラディショナルなジャズ・ヴォーカルの復活 FEATURE 2 bring a new perspective on Saxophone 主役に返り咲いた今、語り直すサックスという楽器 サックスの領域を拡大、進化を続けるプレイヤーたち Kamasi Washington Casey Benjamin Mark Turner Donny McCaslin Walter Smith Ⅲ Ben Wendel FEATURE 3 inside and alongside the L.A. Jazz Scene 西海岸ヒップホップとジャズ――LAシーンの背景 ジャズ・リスナーのためのLAヒップホップ入門 Terrace Martin 〈生演奏を含むヒップホップ〉の可能性を示したDJクイックの先進性 Josef Leimberg 密接な交流を続けてきたLAのジャズとヒップホップ Sly5thAve Moonchild FEATURE 4 What Is Jazz? feat. Americana , Classical Music etc. 現代の状況から遡って考える〈ジャズって何?〉 ジャズという名のよくわからない音楽と、クラシックやアメリカ音楽との関係の今 Christian Scott aTunde Adjuah Julian Lage 「ユナイテッド・ステイツ」としてのアメリカのこと Makaya McCraven ロンドン/ニューヨークにおけるカリビアンたちのジャズ Ron Miles デイヴ・ダグラスとウィントン・マルサリス Gerald Clayton 対置されるべきでない〈親類〉として考察するクラシックとジャズの関係 Maria Schneider Keyon Harrold 挾間美帆 ブラッド・メルドーを起点に考えるジャズとバッハ Kris Davis バークリー音楽院の音楽教育と対位法 Matthew Stevens ポストプロダクションが拡張するドラム・サウンドの可能性 Fabian Almazan 現代のジャズ・アヴァンギャルドに映るアンソニー・ブラクストンの巨大な影