B=PASS 2012年11月号
価格

ライン

  最新号のご紹介
→ THE取材
  センチメンタルのバカ野郎
  用語解説24時
  表紙への道

-






★ BUMP OF CHICKEN →撮影終了後、おもむろに脚立に上り始めたフジくん。「高い場所は得意ですか?」 と聞くと、「嫌いじゃないですよ。ナントカと煙は高いところ好きって言うじゃないですか」と(笑)。何言ってるんですか〜(よ)★ UVERworld →カメラマンさんがよく「あと7 枚ね!」と言うんですが、実はシレーっと9回シャッター押したりして。その度にTAKUYA ∞くんが「ちょっと!多いって!」と楽しそうにツッコんでました(笑)(よ)★SE7EN →撮影中は合間に歌いだしたりして、美声を披露してくれましたよ(す)★ NOVELS →取材後、みんなで上がったばかりのアー写をチェック。「秋冬モノの服を着てたんでめちゃ暑かった」とボヤいてました(笑)。残暑にセーターは試練ですよね(よ)★ UNISON SQUARE GARDEN →窓の外を見て斎藤くんが「雨かぁ。傘さしてる人とさしてない人がいるねぇ」田淵くん「傘、 さしてる人とさしてない人がいるねぇ」……会話が半歩も進んでないんですけど、ってツッコんじゃいました。(は)




9月11日(木)13時〜15時:撮影&インタビュー。カメラ笹原さん。ライター山本さん。ヘア&メイク藤原さん。スタイリング伊達さん。SMRイチハラさん。スターダスト北沢さん。
AB 型も蚊に大人気
撮影後にはみんなで
ムヒを塗りました


去年の10 月、アルバム取材でのこまちちゃん(トイプー)覚えてます? その後のツアー(大宮と神奈川と武道館)はお邪魔させて頂いてましたが、取材はあのこまちっちゃんの時ぶり。武道館も1月でしたから、実に久々のYUIさんとの対面となったのでした。まずは撮影から。レコード会社から出てきたYUIは、あら、秋の装い(まだまだ残暑厳しく、この日もムシムシ暑かった)。「おひさしぶりぃ」と挨拶を交わし、早速、ロケポイントの緑道のほうへ移動→撮り始める準備をしていると、「蚊がいますねー」と。生足を出していたスタッフが速攻で刺されてるなか、YUIはとりあえず長袖・タイツだから大丈夫かしら? いや、全然大丈夫じゃなかったです。スタッフの努力もむなしく……(本誌P.180の写真参照)。撮影が終わって、着替えを済ませた時、「23ヵ所刺されてたぁ〜。あと少しで年齢といっしょだったのに」と嬉しそう(?)だったYUI。いや、さぞかゆかったことでしょう、そんな外ロケ撮影、ごめんね(焦)。蚊の話からインタビューもゆるい感じでスタート。なぜか必ず麺の話になる我々、最後にこの日の麺話を紹介。■結構な割合でラーメン食べてない?「わかります? 今、うまかっちゃんは見たくないんですよ、一回ハマるとそればっかり食べるから。ずっとうまかっちゃんと冷麺を食べてて、ひと足先に冷麺は卒業しましたね。そしてやっとそうめんにたどり着きました。だいたいそうめんで夏が終わるんですけど」 (は)
bottom


title
photo
撮影&インタビュー:8月30日 都内スタジオにて。カメラマン宮腰まみこさん。ライター筧真帆さん。ワーナー青山さん。事務所スタッフの皆さん。ヘア&メイクさん。スタイリストさん。
ヨンファさんと
ジョンシンさんの
2 人取材は新鮮♪


ジョンシンさんはインタビュー中で「4人揃ってないと写真撮影のポーズがぎこちないんです〜」と笑っていましたが、まずは撮影から。記念すべき日本メジャー1st アルバムのタイミングということで、様々なジャンルの楽曲を詰め込んでいることから、内に秘めた激しさと楽曲の鮮やかさを伝えるカット1、バンドの持つクールな表情を伝えるカット2と2つのシチュエーションを用意。まずはカット1。2 人に電気を消した暗い空間に立ってもらい、両端からスタッフが手持ちのライトを上下に揺らしながらメンバーの後ろをゆっくりと通過する瞬間をスローシャッターで切る、という昔からある手法で撮影。撮影時は暗闇の中でぽつんと立ってカメラのレンズ部分を見つめるのみのためイメージが湧きにくかったらしく、試し撮り後のチェックでパソコンを覗き込んだ2 人は「おぉっ!」と興味津々に。スローシャッター×手持ちライトの組み合わせのため、ちょっとしたタイミングの違いで光の帯がメンバーの顔にどーんとかかってしまったりして、細かい位置調整をしながら進めていきました。カット2 は、一転シンプルに。白ホリの空間を活かし、壁をバックに立ったり座ったりする2 人を正面、ヨコ、俯瞰めなど様々な角度から撮っていきます。ジョンシンさんは長い指を口元に添えたりしてちょっと大人の色気を感じさせるカットも。ヨンファさんはカメラがググッと寄った瞬間の力強いまなざしがなんとも素敵でしたよ。 
bottom


title
photo
8月30日(木)13時〜15時:撮影&インタビュー。カメラ笹原さん。ライター小野島さん。ヘア&メイク原田さん。OORONG-SHA成田さん内田さん。
←都会のど真ん中で
ちょと僻地っぽい?


「 光をあつめて」の取材は2月13日。真冬のロケから一転、真夏ロケです。ロケハンでちょっと歩いただけで、ぐったりしてきて、公園の木陰で休憩していると、ハトが水浴びしてましたよ。そんな暑さのなか、藤巻さん登場。久々に対面した第一印象は、髪伸びた?と。そんなことを思いながら、路地から大通りへ出てまた路地へとぐるりと一周。カメラマンさんとはカメラの話をしたり、本当は入っちゃいけなさそうな空き地(←横の写真参照)に探検気分で入って行ったり、最後は公園の滑り台に寝転がったり(プレゼントページのポラ参照)、ヘア&メイクさんが汗をふくためのタオルを取りに戻った時も、「大丈夫っすよ、このままで」と、自由さとラフさがいい感じでした。終始リラックスした様子で撮影はさくっと終え、キーワード質問とグルメ話を先に。「以前、前田さんは自分で漬けたキュウリを紹介してくれたんですよ」とコーナー説明をすると、「あ〜! 漬けてた。でもあんなの一瞬!!」と、漬け物ブームはにわかだったそうです(笑)。で、あのワインですよ。実は事務所の方といっしょに行ってきまして。白ワインを飲んだマネージャーさんのひと言「冷たくて美味しい」、これ名言だな、と(笑)。ワインの味を言葉で説明するのは難しいけど、ロゼに関しては「赤のような白のような、で、美味しい」という結論になりました(笑)。藤巻さん、いいグルメ取材になりました。ナイスなオススメ、ありがとうございました!!(は)
bottom