B=PASS

B=PASS 2007年11月号
価格
ライン

  最新号のご紹介
  THE取材
→ センチメンタルのバカ野郎
  用語解説24時
  表紙への道
  ネットdeクイズ侍
  PRESENT FOR YOU

ライン

BACK ISSUE
    B=PASS2007年10月号
B=PASS2007年09月号 B=PASS2007年08月号 B=PASS2007年07月号
B=PASS2007年06月号 B=PASS2007年05月号 B=PASS2007年04月号
B=PASS2007年03月号 B=PASS2007年02月号 B=PASS2007年01月号


B=PASS2006年12月号 B=PASS2006年11月号 B=PASS2006年10月号
B=PASS2006年09月号 B=PASS2006年08月号 B=PASS2006年07月号
B=PASS2006年06月号 B=PASS2006年05月号 B=PASS2006年04月号
B=PASS2006年03月号 B=PASS2006年02月号 B=PASS2006年01月号

B=PASS2005年12月号    


In the

『曲が出来た時が一番嬉しいし。でも、作り方が分からんとよ!(笑)』(中尾)
■(笑)では諭介君、さっき“かろうじて1曲”って言ってましたけど、ホントに「祝子川(ほうりがわ)」1曲しか作らなかったんですか?
中尾「いや、曲は年がら年中アタマん中では考えてるけど。でも……何も言えないッス(苦笑)」
編集担当・田中:そこんとこぶっちゃけていこうよ。年がら年中考えてて、どうなのよ?
中尾「曲をまるまる1曲、まとめて作ることが出来んで。ケツ叩かれたりしたら出来たり、誰かに“ちょっとそのフレーズ、いいね”って言われたりしたら、“じゃあケツのほう、拭いてないから拭くわ”みたいな感じで、まとめ上げるとかってなるっちゃけど。でもひとりで“イエーイ、1曲まるまる完成!”っていうのは、ほとんどない」

■作りたい欲求は、ないんですか?
中尾「いや、う〜ん……」

■でも歌いたいという気持ちは、あるんですよね?
中尾「“歌いたい”は、あるね。それにやっぱ何が嬉しいって、曲が出来た時が一番嬉しいし。でも、作り方が分からんとよ!(笑) こういうところで喋ってるのがホント申し訳ないぐらい、曲作りっつーのは分からんね」

photo3■だけどメジャー時代は、作ってましたよね。
中尾「吉田君に“次のリハまでに作ってこいよ”って言われたら、“はい……くっそぉ”って思って作ってたけど(笑)。いや、けど音楽をやるために東京に出てきたようなもんやからね。何も出来んけど、そこら辺の仕事はしとこうって(笑)。あんまりでも……ま、普通に“ポン!”って出てきた時が嬉しいし気持ちいいし、一番やりたいことはそれやなって思うから、無理はようせんよね」
草場「したくないよね。無理するのが楽しいなら、するけど。でも無理で嫌だなってことはしたくない」

■それはファンがIn the Soupを求めてるとしても? ファンの人たちの存在って、メンバーにとってはどうなんだろう……?
中尾「…………ん!?(笑) ファンの人たちか……これも甘えてるのかもしれないけど、僕たちの心の状態が健康であることが、一番の喜びなんじゃないかな?」
草場「お前、田舎のおばあちゃんじゃないんだから(笑)」
中尾「ま、世の中ってそうじゃねぇのかなって」
草場「長生きするよ、諭介は多分」

■(笑)では話を戻しますけど。諭介君が作った曲は3年で1曲、ですが。

中尾「それも凄い奇跡やね。たまたまちょこっと歌ったら、“いい!”って言ってくれる人がいて。で、バンドに持っていったら、“バンドでやろうぜ”ってなって。それまではバンドでやれる曲だと思ってなかったからね」

■あの〜、バンドは続けていきたいんですよね?
中尾「何ちゅー質問してんの?(笑)でもやっぱ、そのためのアレなんじゃない?」

■“アレ”って?
中尾「あの〜、“ワガママ”?」

■だから“3年で1曲でも、許してね”ってこと?
中尾「……それは、分からんけどねぇ」
吉田「でも諭介も、曲は作ってきてたんだよね。曲出しの時には、2曲ぐらい持ってきてたんだけど、それを誰かが“いいね”って言っても誰かが“?”ってなったり。形にしはじめて脱落してった曲もあったし。その中で“祝子川”は、初めて聴いた時に久々に詞の世界がフッと入ってきて。諭介の歌で、絵が見えるものがきたなって」
中尾「つーか“祝子川”は2回、みんなに聴かしてるんだよね(笑)。で、2回目に“いい”って言われたんだよね。(小声で→)そっか、数打てばいいのか?(笑)」
草場「ゴリ押し?(笑)」
吉田「(笑)絵が見えると、アレンジも難しいことを考えずに出来ちゃう。“祝子川”なんて最初諭介がフォークでやってるのを聴いた時、バンドとしてのアレンジは浮かばなかったけど、“やりたいね。良さそう”ってところからやったら、ス〜ッと迷いなくアレンジが出てきたし」

■じゃあバンドでやるかやらないかの基準は、絵が浮かぶかどうかなんですか?
吉田「っていうか、面白いか面白くないか。直感ですね。それも各個人違うから、みんなが“いい”って言わなくても誰かがそう言ったら、一度はバンドとしてやってみる。で、そこから広がるかどうかを見るんです。広がらなかったら、そこまで。そういう作業を繰り返してきた」

■そうやって作ってきたうちの8曲が、今回のアルバムになったと?
吉田「レコーディングした曲は、もうちょっとあったんだけどね。そういう曲作りの背景にはやっぱり、“無理したくない”っていうのがあって。メジャーの最後って、キツかったんだよね。自分たちが“いい!”と思ってデモ・テープを全部作ってスタッフに聴かせたのに、“何これ?”って言われたり。それが“ジャングルジムの王様−Demo−”(今回ボーナストラックとして収録)なんだけどね(笑)」
編集担当・田中:今、執念で言いやがったな(笑)。
吉田「(笑)そういうこともあったんだよね」


『(小声で→)そっか、僕はゴリ押しが足りなかったのかな』(吉田)
■レコーディングは3回ぐらいに分けて行われたそうですけど、全部で何曲録ったんですか?
吉田「レコーディングしたのは10曲ぐらい。3曲、4曲、3曲とかって感じで録っていった」

■じゃあ3年でレコーディングした分が、ほぼ入ってる形のアルバムなんだ?
吉田「例えばその3曲を選んでる時点で、それは全部出そうと思って録ってたから」

■ちなみに一番最初のレコーディングで録ったもので、アルバムに入ってるのは?
吉田「“風色”、“存在”」

■その2曲が、アルバム作りの基本となってったんですか?
吉田「逆に、なんない。基本になったのは一番新しく録ったやつ。“素晴らしき世界”、“スマイルサークル”、“祝子川”、“時の流れ”が……そう。やっぱ一番新しいから、基本になるよね。これらが出来た時に“すぐに出したいね”って話にもなったし」

■そういう話になったのって、いつ?

吉田「半年ぐらい前かな。でも“スマイルサークル”はネバディロで、もうやってたから……それだけは1年前にあったんだけど」
中尾「ちなみに“スマイルサークル”も、オーディション2回やってる(笑)」
草場「そうそう。これもゴリ押しかな(笑)」
吉田「(小声で→)そっか、僕はゴリ押しが足りなかったのかな。1回ずつしかみんなに聴かせてないし……」

■(笑)じゃあ“こういうアルバムにしたい”と思って作ったんじゃなくて、集まってきたものをほぼ詰めたってことですよね?
吉田「そうだね」
草場「コンセプトはないね。でも何となく“あ、やっぱりこういうことかな”って、今回の俺らの曲って繋がってる気はするけど」

■私は今回のアルバムって、“読み聞かせ”っぽい雰囲気があるなと思って。“さぁ、どうぞ。聴くなら聴いてください。聴かないのなら、別にいいです”みたいな。
吉田「ハハハ……いや、聴いて欲しい(苦笑)」
草場「とりあえず、聴いて欲しい(笑)」

■“読み聞かせ”って、目の前の相手をガッと捉えに行くものではないじゃないですか。それに似てるなって思ったんですけど、どうです?
草場「う〜ん…………そうかなぁ?」

■あ、私が思っただけみたいですね。じゃケイ君、今回たくさん楽曲を書いてますけど、さっき言ってた“繋がっている”っていうのはどういうことですか?
草場「何かね、歌詞の言葉が似てきちゃったの。だからこの3年、芯にあるものがあんまり変わらなかったってことなのかなぁって気がしてるんだけど。最初、“素晴らしき世界”と“スマイルサークル”のBメロの歌詞が一緒だったり(笑)。俺は自分で気付いてたんだけどね……でも曲出しの時に“コレとコレが一緒に選ばれることはねーだろうな”と思ってて。そしたら、選ばれて(笑)。違うイメージで書いてたんだけど、同じ歌詞になってたんだよね。そういう意味では、ずっと繋がってるんじゃないかな、ホントに」

■その繋がりって、『ヘブン』の時からずっと流れて今回まできてませんか?
草場「うん。『ヘブン』で書いたことって1回書けば自分の中で完結するのかなって思ってたら、この3年間いろいろとありまして(笑)。だから続いちゃってね。でも『ヘブン』の延長でずっときてることは、よかったなぁって思う」

■『ヘブン』の取材の時にケイ君が、“1回、生と死について書きたかった”って言ってましたよね。今回も、そういうことが綴られてますよね。
草場「うん。3年間、そういうところをもっといろいろと追求していた自分がいた気がするし」

■それは音楽を作るということ抜きで、私生活の中で考えてたってこと?

草場「こんなこと言ったら俺、すげぇ暗い人に思われるかもしれないけど……音楽を作る時もはじめは歌詞なんてさ、思いつきじゃない? 何となく言いたいことがあって、そのイメージがガッと言葉になったり音になったりするわけだから、それはもちろん日常の中で多少なりとも考えてることじゃないと出てこないわけで。日頃から常に凄く“生と死”とかについて考えてた時期は、確かにあった。今はちょっと考えてるだけだけど。それで『ヘブン』の流れが凄く自分の中にあったおかげで、作りたいものがいっぱい出てきたっていうのはある」



1 | 2 | 3